「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」の版間の差分

重複している文章を削除
(重複している文章を削除)
日本で販売されるミルナシプラン、デュロキセチン、ベンラファキシンの、精神障害での適応は[[うつ病]]である。いずれも薬事法における劇薬である。
 
2013年には18歳未満で効果が確認できなかった海外での研究についての情報が、使用上の注意に記載されている。
日本うつ病学会のうつ病の[[診療ガイドライン]]は、有効性に関する様々な報告を併せて解釈すると、有効性と忍容性において、SSRI、SNRI、ミルタザピンを含む新しい抗うつ薬に優劣はつけられないとしている<ref>{{Cite report|title=日本うつ病学会治療ガイドライン |author=日本うつ病学会 |authorlink=日本うつ病学会 |coauthor=気分障害のガイドライン作成委員会|url=http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/120726.pdf |format=pdf |edition=2012 Ver.1|date=2012-07-26|page=28-30}}</ref>。2013年には18歳未満で効果が確認できなかった海外での研究についての情報が、使用上の注意に記載されている。
 
== 薬剤 ==