「畝龍実」の版間の差分

m
[[2014年]]10月19日に一軍投手コーチ専任となることが発表され、分析コーチの肩書が外れた<ref>[https://www.carp.co.jp/news14/s-069.html 2015年度 コーチングスタッフ発表] 広島東洋カープ公式サイト 2014年10月29日</ref>。
 
[[2015年]]はその年からの監督、[[緒方孝市]]監督から投手起用に関する全権を与えられた<ref>[http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20150107-OHT1T50238.html 【広島】黒田、初登板はヤクルトとの開幕カード!畝投手コーチが示唆] スポーツ報知 2015年1月8日</ref>。オープン戦では[[黒田博樹]]の復帰戦となった3月8日の[[東京ヤクルトスワローズ]]戦で、黒田の球数を10球数え間違え、予定より早く降板させてしまうハプニングを起こす<ref>[http://www.sanspo.com/baseball/news/20150314/car15031412000001-n6.html 【黒田、小早川氏とコイ対談】苦しい時どれだけ力になれるか…そこに挑戦したい] サンケイスポーツ 2015年3月14日</ref>。チームは、メジャーリーグから黒田が復帰したことなどもあり高い前評判を呼んでいたが、先発の主力こそ[[前田健太]]、[[クリス・ジョンソン (投手)|クリス・ジョンソン]]、黒田、福井優也の4本柱が49勝を挙げるなど好調であった一方、それ以外の先発投手が8勝(救援投手は12勝)しか出来なかったこと、救援投手も[[中崎翔太]]が73.0投球回、[[デュアンテ・ヒース]]が49.2投球回を投げたものの、抑え起用を目論んでいたヒースが不安定な投球内容から配置転換になったことに加え、二人に続く投手の不振などありリリーフがなかなか機能しなかったこと、更に野手の攻撃とも嚙み合わなかったことから前評判を裏切る結果(リーグ4位)となった。その中で投手コーチについて、中崎の守護神抜擢、先発で好投しながら勝ち星が付かなかった[[大瀬良大地]]の救援転向で救援陣を立て直したことが評価されたが、それらの投手に起用が集中し連投や回跨ぎが目立ったことや、一軍にいながら登板機会に恵まれない投手がいたことについて、批判が寄せられた<ref>[http://www.chugoku-np.co.jp/carp/article/article.php?comment_id=191267&comment_sub_id=0&category_id=124 「【失意のBクラス 緒方カープ元年】<上>苦心のベンチ 盗塁死リーグ最多の50」] 中国新聞、2015年10月9日</ref>。10月28日に一軍投手コーチ留任が発表された<ref>[http://www.carp.co.jp/news16/2015/s-051.html 2016年度 コーチングスタッフ発表] 広島東洋カープ公式サイト 2015年10月28日</ref>。
 
[[2016年]]は投手起用について全権を持つのではなく、緒方監督と共に起用を決定するよう方針の変更が行われた<ref>[http://www.chugoku-np.co.jp/carp/article/article.php?comment_id=264869&comment_sub_id=0&category_id=124 「【貯金19ターン 前半戦回顧】<上>ベンチワーク、連携円滑 77盗塁の成果」] 中国新聞、2016年07月15日</ref>。シーズン前の、前年200イニングを投げた前田のメジャー移籍や、先発に復帰する予定だった大瀬良の故障離脱に加え、シーズン開始直後に前年9勝をマークし期待を寄せられていた福井が不振に陥るなど多くの不安要素に見舞われたが、ドラ1ルーキー[[岡田明丈]]が好投を続けながら[[6月25日]]の[[阪神タイガース]]戦まで勝ちが付かない不運に遭うものの89.1回投げ4勝を挙げるなど活躍、同じく新人[[横山弘樹]]、前年勝ち星がなかった[[九里亜蓮]]、直近2年間で1軍1登板0勝の[[中村恭平]]、プロ初完封の[[戸田隆矢]]、シーズン後半は不振から脱した福井、[[薮田和樹]]、リリーフから配置転換された[[ブレイディン・ヘーゲンズ]]らが去年の課題となる谷間の投手として勝ちを挙げる。さらに主力も前年から引き続き、ジョンソン、黒田、それに加え2年ぶりに[[野村祐輔]]が二桁勝利を挙げるなど3人が10勝、先発防御率はリーグ1位の3.29を記録。救援陣はオープン戦で好投し、開幕時に起用された[[中田廉]]や[[仲尾次オスカル]]がシーズンに入り失速し、[[3月31日]]の中日戦では5点リードから逆転負けを喫するなど再編を余儀なくされたが、前年から引き続き守護神の中崎に新加入の[[ジェイ・ジャクソン]]、ヘーゲンズ、2年ぶりの60投球回到達となる今村猛らが盤石のリリーフを形成。中盤以降は一岡竜司、大瀬良などがそこに加わり、救援防御率もリーグ2位の3.06を記録した。[[11月24日]]に一軍投手コーチ留任が発表された<ref>[http://www.carp.co.jp/news16/s-096.html 2017年度 コーチングスタッフ発表] 広島東洋カープ公式サイト 2016年11月24日</ref>。
336

回編集