「ベ・ホ」の版間の差分

→‎生涯: 典拠を示して加筆
(→‎生涯: 典拠を示して加筆)
貧困に苦しみながら、[[1958年]]から[[1964年]]にかけて、[[韓国放送公社]] (KBS) や[[東洋放送]] (TBC) で楽団長をしていた母方のおじキム・グァンス (김광수) や、[[文化放送 (韓国)|文化放送]] (MBC) の初代楽団長を務めたキム・グァンビン ({{lang|ko|김광빈}}) の楽団、トンファ ({{lang|ko|동화}})、チョンジ ({{lang|ko|천지}})、MBC楽団、キム・インベ ({{lang|ko|김인배}}) 楽団などで[[ドラムセット|ドラムス]]を演奏し、音楽活動を始めた。12人編成のバンドを結成してソウルの{{仮リンク|楽園洞 (ソウル特別市)|label=楽園洞|ko|낙원동 (서울)}}にあったプリンス・ キャバレー ({{lang|ko|프린스 카바레}})などで活動し、名を売った。
 
[[1966年]]に腎臓炎を患い、[[1967年]]には{{仮リンク|裵相台|label=裵相台 (ペ・サンテ)|ko|배상태}}が作曲した「戻る三角地」を発表した。 曲は腎臓炎の闘病中であった[[1971年]][[113716日]]に、病状吹き込みが行われた悪化し当時のこれに先立つ[[城北区 (ソウル特別市)|城北区1月27日]](後の[[江北区 (ソウル特別市)|江北区]]){{仮リンク|弥阿洞|label=弥阿10洞|ko|미아동}}の自宅から病院向かう救急車三角地交差点で大規模な立体交差化中で死去した。工事が始だ満29才で未婚でこれが話題になっていたこともって、レコードは大ヒットとなった<ref>{{Cite 墓は、[[京畿道]][[楊州市]]の新世界公園墓地web|url=http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0000355790|title=배호는 '삼각지'의 유래를 알았을까?|date=2006-08-29lauthor=이순우({{langtakehome)|kopublisher=OhmyNews|신세계 공원묘지accessdate=2016-12-13}}) にある</ref>
 
その後、腎臓炎の闘病中であった[[1971年]][[11月7日]]に、病状が悪化し、当時の[[城北区 (ソウル特別市)|城北区]](後の[[江北区 (ソウル特別市)|江北区]]){{仮リンク|弥阿洞|label=弥阿10洞|ko|미아동}}の自宅から病院に向かう救急車の中で死去した。まだ満29才で、未婚であった。 墓は、[[京畿道]][[楊州市]]の新世界公園墓地 ({{lang|ko|신세계 공원묘지}}) にある。
 
[[1981年]]に実施された、MBC特集世論調査で「最も好きな歌手」の1位に選ばれ、[[2005年]]6月の『光復60年記念KBS[[歌謡舞台]]』の世論調査でも「国民に最も愛された国民歌手10人」のひとりに選ばれた。