メインメニューを開く

差分

表記を「ジンベエザメ」に統一
 
=== 生態 ===
[[プランクトン]]([[オキアミ]]を含む小型[[甲殻類]]やその[[幼生]]、[[頭足類]]の幼生など)のほか、小魚、[[海藻]]などを摂食する。海水と一緒にそれらの生物を口腔内に吸い込み、吸い込んだ水の中から微細な生物だけを濾し取り食べるための[[櫛]](くし)状の器官である鰓耙(さいは)で[[wikt:濾|濾し]]取り、鰓裂から水だけを排出し、残った生物を呑み込むという摂食方法である。プランクトンは海面付近に多いため、ジンベザメも海面近くでほとんどの時間をすごす。[[サンゴ]]の産卵期にはその卵を食す。海面付近に漂う餌を効率よく口内に吸い込むために、体を垂直近くにまで傾ける習性が見られる。このため、大きな個体を飼育する[[沖縄美ら海水族館]]では、ジンベエザメの成熟した個体がそのような姿勢をとるに十分な大水槽の水深を10 mとしている。
 
本種と[[イワシ]]等の小魚はともにプランクトンを主食としているため、両者は同じ海域に餌を求めることが多い。小魚やその小魚を餌とする中型の魚は[[カツオ]]や[[マグロ]]といった大型回遊魚の餌であるから、本種のいる海域には大型回遊魚の群れがいる可能性も高くなる。これに関連する民俗的事象については「[[ジンベエザメ#民俗|民俗]]」の項を参照のこと。マグロはジンベエザメに常に付いてまわる訳ではない。
匿名利用者