「コンパクト盤」の版間の差分

CDやダウンロードの記載重複解消
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集
(CDやダウンロードの記載重複解消)
中心部の穴の大きさはLPと同サイズである。ただしイギリスでは折り取ることのできる中心部がつけられていた。
 
その後に主流となった[[コンパクトディスク|CD]]や[[デジタル・ダウンロード]]の形態では'''ミニ・アルバム'''やマキシシングルに相当し、同時に'''EP'''の名も残っている。
 
日本ではシングルレコードのことをEP盤と呼ぶことがあるが、{{En|''Extended Play''}}とは本来、「収録時間がLP(フル・アルバム)よりは短いが、シングルよりは長い」という意味である。そのため、[[英語圏]]ではあくまで、EPは「シングルより長いもの」を指す。{{see also|:en:Extended play}}
コンパクト盤は33回転のため、実質LPの内周分に当たることから、45回転やLP外周に比べて音質が劣ってしまう。一方EP盤は回転数がシングル盤と同じため、音質で勝っている。
 
CD以降で「ミニ・アルバム」などと呼ばれるものも、実質的にはEPと同じである。
 
[[ポピュラー音楽]]の場合、[[1960年代]]半ばまでをピークとして多数のコンパクト盤がリリースされたが、徐々に廃れ、[[1970年代]]半ばから、[[リミックス]]・ヴァージョンが増加した[[1980年代]]以降は、現在のレコード復刻も含め、より音質の良い45回転で30cm(12インチ)の製品(12インチ・シングル)に取って代わられることが多くなった。
 
[[アニメソング]]の場合、1970年代に[[日本コロムビア]]から多数発売された'''アクション・シリーズ'''などがコンパクト盤の形態を取っていた。
 
その後に取って代わった[[コンパクトディスク|CD]]や[[デジタル・ダウンロード]]の形態では、マキシシングルやミニ・アルバムとして数多くの作品がリリースされている。
 
ちなみに、シングル盤は「45回転レコード」「7インチ(7インチ盤)」「ドーナツ盤」、または単に「シングル」と呼ばれる。
1,298

回編集