「四海竜王」の版間の差分

m (→‎関連項目: 関連項目に龍擡頭#伝説を追加)
竜を真の姿として現れるが、普段は人間風の竜として、[[龍宮]](水晶宮)で[[エビ]]や[[カニ]]たちに守られている。海を統治すること以外に、[[雲]]と[[雨]]を操る。怒らせると、都市を洪水にしてしまう。東海竜王が最も大きい領土をもつという。それぞれ別名がある。
 
* 東海王: 敖廣(ごうこう),廣徳王
* 南海王: 敖欽(ごうきん)または敖紹(ごうしょう),廣利王
* 西海王: 敖閏(ごうじゅん),廣順王
* 北海王: 敖順(ごうじゅん)敖炎(ごうえん),廣澤王
 
『[[封神演義]]』では、四海竜王の名は東海が敖光、西海は敖順、南海は敖明、北海は敖吉と記されている