「松山インターチェンジ (愛媛県)」の版間の差分

 
== 概要 ==
[[愛媛県]]の[[都道府県庁所在地|県庁所在地]]である[[松山市]]の中心部に最も近いインターチェンジである。松山自動車道は松山ICを境に、[[徳島インターチェンジ|徳島]]、[[獅子の里三木バスストップ|獅子の里三木BS]]、[[高松市知インターチェンジ|高]]方面は4車線、[[宇和島市|宇和島]]方面は[[暫定2車線]]である。2014年3月現在、松山ICは[[国道33号]][[松山南道路]]と[[松山外環状道路]]に、余戸南ICで[[国道56号]]と接続している。
 
松山ICと[[松山空港]]、[[松山港]]の間のアクセス改善等を目的とする[[松山外環状道路]]が建設中であり、2014年3月16日に井門IC - 古川IC間の[[自動車専用道路]] (1.2km) の開通<ref>{{PDFlink|[http://www.mlit.go.jp/road/kaitsu/pdf/skk.pdf 道路開通情報]}}(国土交通省道路局、2013年11月8日閲覧)</ref>に伴い、松山自動車道・松山ICと松山外環状道路・古川IC方面とを接続する松山ジャンクションが供用を開始した<ref>{{PDFlink|[http://www.skr.mlit.go.jp/matsuyam/pres/pres2013/pres/131002sotokanmeisyou.pdf 一般国道33号松山外環状道路インター線のIC・JCT名称が決定!]}}(国土交通省四国地方整備局松山河川国道事務所2013年10月2日発表、同年11月8日閲覧)</ref>。松山JCTは、第1層が松山外環状道路一般部、第2層が同自動車専用部本線および松山ICから古川IC方面に向かうランプ、第3層が古川IC方面から松山ICに向かうランプ、という3層構造となる<ref>{{PDFlink|[http://www.pa.skr.mlit.go.jp/tkgityou/kouhou/gihou201301.pdf 「松山外環状道路について」]}}『四国技報』第12巻24号(四国地方整備局四国技術事務所、2013年1月)</ref>。
 
国道33号の天山交差点 - 松山ICは慢性的に混雑していることから、[[ETC]]搭載車の休日上限料金を1000円とする[[ETC割引制度#休日特別割引|特別割引]](いわゆる「1000円高速」)が実施された際には高松方面への利用者に[[川内インターチェンジ|川内IC]]の利用を促す垂れ幕が[[松山環状線]]などの歩道橋に張られていた。また、[[小坂交差点]]([[国道11号]])の高架にも両ICの案内がある。
 
== 料金所 ==
匿名利用者