「地名接尾辞」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''地名接尾辞'''('''ちめいせつびじ''')は[[接尾辞]]の一種で、単語のあとにつけることで場所や場所の性質を表す機能を持つ。
 
== 地名接尾辞の例 ==
 
=== -sk ===
:[[スラヴ語族|スラヴ語]]
* [[オホーツク]] (Okhot'''sk'''):「[[川]]」を意味する Okata が Okahota に変化し、それに -sk がついて地名化したもの。元は町の名だったが、現在は海の名に転用されている。
 
2,219

回編集