「ミスラ」の版間の差分

m
m (Category:司法神を追加 (HotCat使用))
== 他宗教への影響 ==
[[ファイル:Mithras petra genetrix Terme.jpg|thumb|left|170px|岩から生まれるミトラス神([[アテネ国立考古学博物館]])]]
ミスラ信仰はペルシャ帝国期、[[マギ|マギ神官]] (magi) によって[[小アジア]]、[[シリア]]、[[メソポタミア]]に伝道され、[[ギリシア]]や[[ローマ]]にも取り入れられた。[[ギリシャ語]]形・[[ラテン語]]形で'''ミトラース'''(Μίθρας({{lang|el|Μίθρας}} [Mithras])と呼ばれ、[[太陽神]]、英雄神として崇められた。
 
その信仰は[[ミトラ教|ミトラス教]] (Mithraism) と呼ばれる[[密儀宗教]]となって、[[1世紀]]後半から[[4世紀]]半ばまでのローマ帝政期、ローマとその属州で広く信奉され、[[二元論|善悪二元論]]と[[終末思想]]が説かれた。最大のミトラス祭儀は冬至の後で太陽の復活を祝う[[冬至祭|12月25日の祭]]で、[[キリスト教]]の[[クリスマス]](降誕祭)の原型とされる。のちに[[新プラトン主義]]と結合し、キリスト教と争ったが、圧迫されて衰退した。