「クリスチャン6世 (デンマーク王)」の版間の差分

→‎生涯: +見出し、仮リンク
編集の要約なし
(→‎生涯: +見出し、仮リンク)
[[フレデリク4世 (デンマーク王)|フレデリク4世]]と最初の王妃[[ルイーゼ・フォン・メクレンブルク|ルイーセ]]の間の息子として生まれ、1730年に王位を継いだ。
 
=== 内政 ===
後世ではクリスチャン6世は宗教的な統治者として知られている。彼は[[敬虔主義]]に深く帰依し、その治世の間、臣民たちにその教えを広めようとした。この宗教的圧力は彼の個人的魅力の欠如とともに彼をデンマークの[[絶対王政|絶対主義]]の時代で最も人気のない王にしている。後世の歴史家たちはこの像を変えようとしてきた。すなわち彼らは、クリスチャン6世は言われているような偏狭な人物ではなく、勤番で綿密な官僚であるということを強調したのだ。しかし、否定的な印象はその後を続いた。
[[ファイル:Danish flag of mourning.svg|thumb|left|200px|{{FIAV|historical}}クリスチャン6世の死去までの旗]]
クリスチャン王の敬虔主義の視点は、もちろん、彼の教会政策に大きな影響を与えた。表面上は王は勝利を収めていたが、牧師たちと多くの人々はひそかに王の路線に抵抗し、そして彼の死後には敬虔主義は公的な庇護を失った。それはその時代、[[ハンス・アドルフ・ボルソン]]ほか文筆家の多くの詩に多大な影響をあたえた。もう一つの王の努力の結果は[[1736年]]の「[[秘蹟]]の確証」(confirmation)の導入であった。
 
敬虔主義と農奴法に加えて、クリスチャン6世と「活動の建築」は結びついていて、彼はもしかしたら18世紀に最も偉大な建設家だったかもしれない。彼の王妃もまた特筆すべき努力をした。彼の業績のなかでは[[クリスチャンスボー城]]([[1732(1732]]から翌年にかけて造営。[[1794年]]焼失、1803年から1828年にかけて再建)、[[シェラン島]]北部の[[{{仮リンク|ヒルスホルム宮殿]]|en|Hirschholm Palace}}(現在の[[{{仮リンク|ヒルスホルム|en|Hørsholm}}]]庁。[[1737年]]から[[1739年]]に造営。[[1812年]]破壊)、そしてEremitage(1734{{仮リンク|隠者の狩り小屋|en|Hermitage Hunting Lodge}}(1734年から1736年に造営。現存している)がある。それらの豪華な建造物は、権力を誇示する目的で建設されたが、臣民に対しては経済的負担となった。
 
=== 外交 ===
[[ファイル:Christian VI buste.jpg|thumb|left|160px|クリスチャン6世の胸像]]
彼の外交政策は平和的なものであり、デンマークは厳格な中立を維持した。貿易と商業は進歩の時代であり、幾つかの銀行と企業が設立された。クリスチャン6世の晩年、[[スウェーデン]]では、[[ヘッセン王朝]]の断絶が明らかになると、平和理に自家[[オルデンブルク朝|オレンボー家]]を推戴したが、[[ロシア帝国]]の強い意向で、オレンボー家の分家の1つ[[ホルシュタイン=ゴットルプ家]]が成り代わった。
一個人として、クリスチャン6世は簡素な衣服の厳格主義者であり社会的かかわりを避ける人物であった。若いころから病気がちでそれが彼を早死にさせる原因となった。
=== 死後 ===
[[1746年]]に亡くなると、クリスチャン6世は[[ロスキルデ大聖堂]]に葬られた。[[ヨハネス・ヴィートヴェルト]]がデザインと制作した[[新古典主義]]の記念碑は寡婦となった王妃がかかわっていた。「悲しみ」、「名声」という女性の彫刻を含む 大理石の記念碑は[[1768年]]に完成したが、[[1777年]]までロスキルデ大聖堂に収められなかった。これはデンマークで最初の[[新古典主義]]の石棺であり、新古典主義のはじまりだと考えられる。