「類 (アクセント)」の版間の差分

導入部
(導入部)
'''類'''(るい)または'''語類'''(ごるい)は、[[日本語]]に古くからある[[和語]]を、[[アクセント]]に従って分類したもの。[[平安時代]]後期(院政時代)の京都および現代[[方言]]のアクセント]]の比較って単語を分類したもので、[[日本語の方言のアクセント]]の研究などに用いられる。現代の日本語諸方言のアクセントは、院政時代の京都アクセントと一定の対応関係があり、同じ類に属する語同士は同じアクセントになる。
 
単語のアクセントは地方によって異なるが、どの単語がどの単語と同じアクセントになるかにはほぼ規則的な対応がみられる。たとえば、二拍名詞三類の「池」「花」「髪」は、東京では「い'''け'''が」「は'''な'''が」「か'''み'''が」と2拍目を高く発音するが('''太字'''は高く発音する部分)、京都ではいずれも「'''い'''けが」「'''は'''なが」「'''か'''みが」と1拍目を高く発音する。また二拍名詞五類の「雨」「声」「春」は、東京では「'''あ'''めが」「'''こ'''えが」「'''は'''るが」と1拍目を高く発音するが、京都ではいずれも「あ'''め'''が」「こ'''え'''が」「は'''る'''が」と2拍目が高く発音され、このような規則的な対応は日本全国の方言にある。
 
== 概説 ==