メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
また、[[サラダ]]は比較的低温で供されるので、低温で結晶化する成分が多いとざらついた食感となってしまう。[[油脂]]は多くの種類の[[脂肪酸]]を含み、その中で[[飽和脂肪酸]]が[[グリセリン]]の1、3位に付いた「対称性のよい」ものは低温で[[結晶]]化しやすい(この現象は[[天ぷら油]]を一週間[[冷蔵庫]]に入れるだけでも簡単に[[観察]]できる)。このため、サラダ油は精製した[[油]]を長期間[[冷蔵]](ウィンタリング (wintering) という)し、固化した成分を分離(脱[[蝋]]工程)した後に出荷される。
 
日本では、サラダ油の定義が[[日本農林規格]](JAS)により定められている。従ってJAS規格ある基準を満たした[[原材料]]を用い、なおかつJAS認定[[工場]]で[[製造]]されたものでなければ「サラダ油」を名乗ることは出来ない。[[2007年]][[6月]]現在、[[アブラナ|油菜]]、[[ワタ|綿実]]、[[ダイズ|大豆]]、[[ごま]]、[[サフラワー]]([[ベニバナ|紅花]])、[[ひまわり]]、[[とうもろこし]]、[[こめ|米]]([[米糠]])及び[[落花生]]にサラダ油の規格がある。また、二種類以上の植物油を混合して作られたサラダ油は[[調合サラダ油]]と呼ばれる。従って、[[オリーブ]]油や[[椿]]油のサラダ油は存在しない。ただし、これらの油を調合サラダ油の原材料として、規格の範囲で混合することは可能である。
 
またJAS規格においては、定められた低温の条件下で一定時間放置しても[[凝固]]や白濁の無いことをサラダ油の条件としている(0℃の温度で5.5時間清澄であること)<ref> {{ cite web
匿名利用者