「チャドクガ」の版間の差分

→‎毒針毛とかぶれ: 毒針毛の「受け継ぎ」について説明追加。 印象についての記述を削除
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎毒針毛とかぶれ: 毒針毛の「受け継ぎ」について説明追加。 印象についての記述を削除)
 
== 毒針毛とかぶれ ==
チャドクガの目視できる体毛そのものに毒はないが、2齢幼虫以降の幼虫の体に生えている長さ0.1-0.2mmほどの毒針毛中に[[ヒスタミン]]等の毒があり、とても抜け易いため幼虫の体毛にも付着している<ref name="北海道立衛生研究所毒針毛">もとは[[:w:Euproctis|Euproctis]]属に分類されていた近縁種の[[ドクガ|ドクガ(種)]]の毒針毛が人体に作用するメカニズムを解説しているWebサイト。{{citeweb|url=http://www.iph.pref.hokkaido.jp/dokuga/framepage1.htm |title=北海道のドクガ 皮膚炎の原因 毒針毛 |publisher=北海道立衛生研究所 |date=2004|accessdate=2016-04-24}}</ref>。また、毒針毛の表面には小さなトゲがあり皮膚に付くと抜けにくい構造になっている<ref name="北海道立衛生研究所毒針毛"/>。終齢幼虫の抜けた毒針毛は繭・メス成虫・卵塊・1齢幼虫と次々と成長過程すべてで付着して受け継がれる<ref name="北海道立衛生研究所毒針毛"/>。<ref>[[#幼虫図鑑|[幼虫図鑑]]] p.179 「Euproctis属の特徴」 Euproctis属共通の特徴。</ref>
 
俗に「ケムシに刺された」というがケムシは[[カ]]や[[ハチ]]のように自分から積極的に人を刺すものではない。チャドクガは生涯を通じて毒針毛をもち、触れると[[かぶれ]]を生じる。一度その被害にあった人はそれが[[抗原]]になって2回目以降、個人差はあるが[[アレルギー]]反応を起こすことがある。毒蛾の毛虫1匹にある毒針毛は50万本から600万本といわれている。ガやその幼虫であるケムシは[[チョウ]]に比べて著しくイメージが悪いが、理由のひとつがこれである。しかし毒針毛を持つ種類はドクガ科全体のごく一部である<ref>ドクガ科以外には[[カレハガ科]]、[[ヤネホソバ|ヒトリガ科の一部]]などがあり、また[[マイマイガ]]のように1齢幼虫の時期しか毒針毛をもたない種や、[[ヒメシロモンドクガ]]、[[スギドクガ]]、[[エルモンドクガ]]、[[ダイセツドクガ]]、[[カシワマイマイ]]などのようにドクガ科でありながら毒針毛を一切持たない種もある。</ref><ref name="北海道立衛生研究所有毒種">「ドクガ科は日本から50種あまりが知られており、そのうちドクガ属(Euproctis属)は10種類ほど」で「ドクガ科の中でも激しい皮膚炎を起こす原因である毒針毛を持っている<small>(編注:生成する)</small>のは、ドクガ属のガの幼虫だけ」とする。{{citeweb|url=http://www.iph.pref.hokkaido.jp/dokuga/dokuganituite_flame.htm |title=北海道のドクガ ドクガって? |publisher=北海道立衛生研究所 |date=2004|accessdate=2016-04-24}}</ref><ref name="原色日本蛾類図鑑">[[#蛾類図鑑|[蛾類図鑑]]] Euproctis属は「従来 Euproctis 及び Porthesia の2属に分け」られており「将来いくつかの属に細分すべきである」「この属のなかには毒毛をもっているため、皮膚に炎症やかゆみを与えるものが多い」(p.31)とし、[[モンシロドクガ]],[[トラサンドクガ]],[[ゴマフリドクガ]],[[キドクガ]],[[ドクガ]],チャドクガ,[[フタホシドクガ]],[[マガリキドクガ]]の8種を挙げる(p.32-34)。</ref>。
 
毒針毛は非常に細かく、長袖でも夏服などは繊維のすきまから入り込む。直接触れなくても木の下を通ったり、風下にいるだけで被害にあうことがある。またハチの毒などと違って幼虫自身の生死に関わらず発症するので、幼虫の[[脱皮]]殻や、[[殺虫剤]]散布後の死骸にも注意が必要である。被害にあったときに着ていた衣服は毒針毛が付着しているので、取扱いに注意する。成虫にも毒針毛が付着しており、[[卵塊]]は成虫の体毛に覆われているので、幼虫の時期のみでなく年間通じて注意が必要である。
51

回編集