「日通総合研究所」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''株式会社日通総合研究所'''(にっつうそうごうけんきゅうしょ)は、[[日本通運]]株式会社の子会社で、[[物流]]に関する調査・分析・コンサルティング業務を行う[[民間]][[シンクタンク]]。通称「'''日通総研'''」(にっつうそうけん)。
 
物流を専門に調査研究・コンサルティングをおこなう研究機関は、国や公益法人が母体となっているものは幾つか存在する(財団法人 運輸調査局,運輸政策研究機構等)が、民間ではほぼ唯一のものである。[[1961年]]設立。
 
現在ではすっかり定着した[[物流]]と言う用語は、英語の「Physical Distribution」を、同研究所の研究員が「物的流通」と日本語に翻訳し、これを省略して[[物流]]と用いた事に始まる。
*:クライアントへの物流コンサルティング業務。物流改善・物流コスト削減などのコンサルティング業務。倉庫、DC等の物流作業効率化に関するコンサルティング業務。
*「Task Force Unit」
*:国、行政、民間団体から依頼される調査。海外調査他Unitと連携した調査及びコンサルティング
*「IT Development Unit」
*:物流業務に関するシステム構築やソフト開発。
*「Advanced Technology Unit」
*:振動・衝撃・温湿度による貨物事故防止コンサルティング業務、貨物および輸送環境に適合した輸送容器・機器の研究・開発・試験、物流分野における環境問題、廃棄物・静脈物流に関する調査研究, 物流倉庫作業計測を行う「ろじたん」の開発並びに販売
*「輸送環境試験所」
*:JIS-Z-0200(包装貨物-性能試験方法一般通則)に準じた包装貨物試験、輸送環境(振動衝撃、温湿度等)試験および調査(試験所およびフィールド試験)。
8

回編集