「ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌」の版間の差分

m
m (廃止されたテンプレートの置換 BOTREQによる)
 
==概要==
ジョン・ウー製作の映画の中でもかなり火薬量の多い銃撃戦を展開している当作品は、香港のみならず海外からも高く評価されている作品である。理由として序盤の4分半近くに及ぶ茶屋での銃撃戦と、後半の病院での銃撃戦の迫力があげられる。前者は主人公とマフィア同士の抗争によって、民間人も容赦なく巻き添えを喰らうといったジョン・ウーが得意とする暴力の醜さを徹底的に現しているシーンである。
 
続編として、同じくジョン・ウー監督でゲーム「[[ストラングルホールド (ゲーム)|ストラングルホールド]]」が製作されている。
100

回編集