「サンルーフ」の版間の差分

m (Bot: ===== 現行車種 ===== → ==== 現行車種 ====, ===== 販売終了車種 ===== → ==== 販売終了車種 ==== ,Corrected level of heading(s) ∵Check Wikipedia #25)
 
== 解説 ==
サンルーフは多様な構造と形態が考案されており、メーカーにより様々な呼称が用いられている。[[乗用車]]に装着されることが多いが、[[観光バス]]に装着される例もある。[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の高級車市場では、本[[革]]シートと並ぶ必須の装備であり、セダン・ワゴン・クーペ・SUV問わず全てのグレードでサンルーフが標準装備となる。冬季の[[日照]]が少ない[[ヨーロッパ|欧州]]では、[[くる病]]予防の目的もあり、早くから[[大衆車]]にも広く普及している。一方で、重量増による燃費の悪化や室内高の減少、車両価格の上昇や雨漏りなどのトラブルによる出費の増加を嫌い、って敬遠する向きもあり、特に高温多雨の傾向がある日本国内ではサンルーフ付きの車種を敬遠する者が少なくない。
 
日本では[[1972年]]([[昭和]]47年)に、マルエヌが[[アメリカ合衆国|米国]]のDASと共同開発した後着けタイプのサンルーフである[[タープ|ターポリン]]製の「オープントップ」を発表<ref>[http://www.maruenu.co.jp/kaisyaannai.html 会社沿革 - マルエヌ株式会社]</ref> し、一般化した。[[日本車]]で初めてメーカー装着のサンルーフを装備した車種は、手動スライド式が[[1968年]](昭和43年)6月の[[ホンダ・N360]](追加車種)、電動スライド式は[[1978年]](昭和53年)発表の初代[[ホンダ・プレリュード]]である。