「非メバロン酸経路」の版間の差分

m
(→‎反応: .png→.svg)
 
== イソプレノイド生合成経路の相違点 ==
[[メバロン酸経路]]、もしくは[[HMG-CoAレダクターゼ]]経路は、[[真核生物]]および多くの[[バクテリア]]の[[細胞]]において重要な代謝経路である。この経路で合成させるIPPおよびDMAPPは、タンパク質の[[プレニル化反応|プレニル化]]、[[細胞膜]]の維持、[[ホルモン]]、[[脂質固定タンパク質]]そして、[[グリコシル化反応|''N''-グリコシル化]]など様々な生合成経路に使われる分子の基礎となる重要な分子である。
 
古典的イソプレノイド生合成のメバロン酸経路と対照的に、[[植物]]と[[アピコンプレックス門]]の原生動物はそれらの[[色素体]]で非メバロン酸経路を使ってイソプレノイドを合成している<ref>{{cite journal |author=Lichtenthaler H |title=The 1-Deoxy-D-xylulose-5-phosphate pathway of isoprenoid biosynthesis in plants |journal=Annu Rev Plant Physiol Plant Mol Biol |volume=50 |issue= |pages=47–65 |year=1999 |pmid=15012203 |doi=10.1146/annurev.arplant.50.1.47}}</ref>。加えて、ほとんどの[[真正細菌]]は非メバロン酸経路でIPPとDMAPPを合成している。
 
[[ファイル:Non-mevalonate pathway.svg|800px|center]]
 
== 反応 ==
反応は以下の通りである<ref>総説: {{cite journal|author=Eisenreich W, Bacher A, Arigoni D, Rohdich F|title=Biosynthesis of isoprenoids via the non-mevalonate pathway|journal=Cell. Mol. Life. Sci.|year= 2004|volume=61|issue=12|pages=1401-1426|pmid= 15197467|doi=10.1007/s00018-004-3381-z}}</ref>
104

回編集