「グリシン」の版間の差分

m
m ([​[グリシン]​] → '''グリシン''' ∵Removed self-link: Check Wikipedia #48)
[[グリシン開裂系]]は[[テトラヒドロ葉酸]]により以下の反応で'''グリシン'''を開裂する<ref>[http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/amino_met.htm アミノ酸の分解] 講義資料のページ</ref>{{信頼性要検証|date=2012年11月}}。
 
: [[テトラヒドロ葉酸]] + '''グリシン''' + NAD<sup>+</sup> = [[5,10-メチレンテトラヒドロ葉酸]]+ NH<sub>3</sub> + CO<sub>2</sub> + NADH + H<sup>+</sup>
 
グリシン開裂系とは別に、[[グリシンヒドロキシメチルトランスフェラーゼ]]([[セリンヒドロキシメチルトランスフェラーゼ]])([[EC番号|EC 2.1.2.1]])の働きにより、可逆的に'''グリシン'''をL-[[セリン]]に相互に変換し、[[5,10-メチレンテトラヒドロ葉酸]]を[[テトラヒドロ葉酸]]に変換する反応が[[触媒]]される<ref name="Raoetal2003">{{cite journal | author = Appaji Rao N, Ambili M, Jala VR, Subramanya HS, Savithri HS | title = Structure-function relationship in serine hydroxymethyltransferase | journal = Biochim. Biophys. Acta | volume = 1647 | issue = 1-2 | pages = 24–9 | year = 2003 | month = April | pmid = 12686103 | doi = | url = }}</ref><ref name="StoverSchirch1990">{{cite journal | author = Stover P, Schirch V | title = Serine hydroxymethyltransferase catalyzes the hydrolysis of 5,10-methenyltetrahydrofolate to 5-formyltetrahydrofolate | journal = J. Biol. Chem. | volume = 265 | issue = 24 | pages = 14227–33 | year = 1990 | month = August | pmid = 2201683 | doi = | url = }}</ref>。
: 2 グリシン + NAD<sup>+</sup> + H<sub>2</sub>O → セリン + CO<sub>2</sub> + NH<sub>3</sub> + NADH + H<sup>+</sup>
 
グリシンが仮に[[脱アミノ|脱アミノ化]]を受けると[[グリコール酸]]が生成し、酸化を受けると[[グリオキシル酸]]が生成するが、グリオキシル酸はヒトでは[[エチレングリコール]]から[[シュウ酸]]に代謝される際の中間体で、酸化を受けると有害なシュウ酸が生成されることになる<ref>[https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpnjurol1928/78/2/78_2_311/_article/-char/ja/ 実験的蓚酸カルシウム結石症における蓚酸前駆物質に関する研究]、諸角 誠人、小川 由英、日本泌尿器科学会雑誌、Vol.86 (1995) No.5, {{JOI|JST.Journalarchive/jpnjurol1928/78.311}}</ref><ref>Carney, E.W. (1994) An integrated perspective on the developmental toxicity of ethylene glycol. Reprod. Toxicol. 8, 99-113</ref>。その反応を回避する観点から、グリシンの代謝は重要な意義がある。
 
==生体内での利用==
104

回編集