「呉秀三」の版間の差分

→‎家族・親族: 出典追加・加筆
(→‎家族・親族: 出典追加・加筆)
 
== 家族・親族 ==
長姉・ヤスは[[宇和島藩#伊予吉田藩|伊予吉田]][[藩医]]の大月魯庵に嫁いだ<ref name="学問の歩きオロジー102"/>。次兄・半三と四姉・フミは夭折。次姉・クミは[[明治女学校]]の校長を務めた<ref name="学問の歩きオロジー102"/>。三姉・リキは[[書家]]の[[日高秩父]]に嫁いだ<ref name="学問の歩きオロジー102"/>。洋学者の[[箕作秋坪]]と[[地理学者]]の[[箕作省吾]]は義理の伯父(母・せきの義弟)<ref name="学問の歩きオロジー102"/>。[[菊池大麓]]([[数学者]]・[[政治家]])・[[箕作佳吉]]([[動物学|動物学者]])・[[箕作元八]]([[西洋史|西洋史学者]])兄弟及び法学者の[[箕作麟祥]]は従兄<ref name="学問の歩きオロジー102"/><ref name="人事興信録9-ク62">人事興信録第9版[1931:ク62]</ref>。医師の[[呉建]]と[[経済学者]]の[[呉文炳]]、文部官僚の[[日高第四郎]]は甥(ともに建・文炳兄弟は文聰の子<ref name="学問の歩きオロジー102"/><ref name="人事興信録9-ク62"/>、日高第四郎は日高秩父・リキ夫妻の四男<ref name="学問の歩きオロジー102"/>)
 
最初の妻・みなは[[国学|国学者]]・三浦千春の長女<ref name="学問の歩きオロジー102"/>。みなとの間に1男4女をもうけた。長男は西洋古典学者の[[呉茂一]]<ref name="人事興信録5"/><ref name="学問の歩きオロジー102"/><ref name="人事興信録9-ク62"/>。長女・たまは外祖父・三浦千春の養女となり渋谷良平の三男・良幹を婿養子として迎えた<ref name="人事興信録9-ク62"/><ref name="人事興信録9-ミ9">人事興信録第9版[1931:ミ9]</ref>。次女・かつは[[木村男也]]に<ref name="人事興信録5"/><ref name="学問の歩きオロジー102"/><ref name="人事興信録9-ク62"/>、三女・いくよは斎藤助堯に嫁いだ<ref name="学問の歩きオロジー102"/><ref name="人事興信録9-ク62"/>。四女・芳江は姉・たまとその夫・三浦良幹の養女となり姉川将雄の四男で[[官僚]]の[[三浦義男 (衆議院法制局長)|義男]]を婿養子として迎えた<ref name="人事興信録9-ク62"/><ref name="人事興信録9-ミ9"/>。みなの死後、本多富次郎の娘・みつと再婚し(みつにとっては初婚)<ref name="学問の歩きオロジー102"/>、次男・章二(元[[日本大学]]勤務)と五女・富子(夭折)をもうけた<ref name="人事興信録5"/><ref name="学問の歩きオロジー102"/>。
104

回編集