「ヘ短調」の版間の差分

m
Rie ScrAmbleの「文句があるなら来なさい!」はへ短調の楽曲です。
m (薬師丸ひろ子の「語りつぐ愛に」はへ短調の楽曲です。)
m (Rie ScrAmbleの「文句があるなら来なさい!」はへ短調の楽曲です。)
*[[Orpheus]]の「自分語りが大好きなあの人へ」、『ヤーマン「ダメです」』
*[[薬師丸ひろ子]]の「[[語りつぐ愛に]]」(中間部以降は[[嬰ヘ短調|嬰へ短調]])
*Rie ScrAmbleの「文句があるなら来なさい!」(最後のサビ以降は[[嬰ヘ短調]])
 
== 関連項目 ==
881

回編集