「エリクの年代記」の版間の差分

m
コンテンツ翻訳の不具合とみられる文章を除去、よみがなと仮リンク設置、+{{History-stub}} {{North-europe-stub}}。ほか微修正
m (コンテンツ翻訳の不具合とみられる文章を除去、よみがなと仮リンク設置、+{{History-stub}} {{North-europe-stub}}。ほか微修正)
'''エリクの年代記''' ([[スウェーデン語]]: ''エリクのねんだいき。{{lang-sv|Erikskrönikan''}})は、現存する[[スウェーデン]]最古の[[年代記]]。編者は不明。[[1320年]]から[[1335年]]までの間に成立した。
 
スウェーデンの政治史を物語る中世[[押韻]]詩としても最古の部類に入るだけでなく、スウェーデンにおける最古かつ重要な物語の一つである。この年代記の原作者や記述の正確性については様々な議論が持たれている。主人公は[[スウェーデン王]][[{{仮リンク|ビルイェル (スウェーデン王)|en|Birger, King of Sweden|label=ビルイェル]]}}の兄弟の[[{{仮リンク|エリク (セーデルマンランド公)|en|Eric, Duke of Södermanland|label=セーデルマンランド公エリク]]}}
 
エリクの年代記は4543行に及ぶ。その記述の対象は[[エリク11世 (スウェーデン王)|エリク11世]]治下の[[1229年]]から始まっているが、中心となるのはエリク11世が死去する[[1250年]]から[[マグヌス4世 (スウェーデン王)|マグヌス4世]]が3歳で即位する[[1319年]]までの期間である。[[15世紀]]以降に6編の原稿が知られ、さらに[[16世紀]]から[[17世紀]]にかけて14編が発見された。
 
== 例 ==
{{col-end}}
|}
 
== 参考文献 ==
<references />
 
== 外部リンク ==
* [http://books.google.com.kh/books?id=2gIK29dXvMAC&lpg=PA260&ots=QoGwJ98DQY&dq=Kristina%20Tyrgilsdotter&pg=PA102#v=onepage&q=Kristina%20Tyrgilsdotter&f=false 現代英語訳]
 
{{History-stub}}
== 参考文献 ==
{{North-europe-stub}}
<references />
{| class="metadata plainlinks stub" style="background: transparent;"
| id="103" |[[File:Flag_of_Sweden.svg|代替文=Flag of Sweden|境界|30x30ピクセル]][[File:Hourglass_drawing.svg|代替文=Hourglass icon|30x30ピクセル]]&nbsp;&nbsp;
| id="107" |''この [[スウェーデンの歴史|スウェーデン歴史]]関連の記事は [[Wikipedia:スタブ|スタブ]]です。 することができWikipediaに [//en.wikipedia.org/w/index.php?title=Eric_Chronicles&action=edit 拡大してい]ます。''<div class="plainlinks hlist navbar mini" id="113" style="position: absolute; right: 15px; display: none;">
* <abbr title="View this template">v</abbr>
* <abbr title="Discuss this template">t</abbr>
* [//en.wikipedia.org/w/index.php?title=Template:Sweden-hist-stub&action=edit <abbr title="Edit this template">e</abbr>]
</div>
|}
 
{{デフォルトソート:えりくのねんだいき}}
[[Category:スウェーデンの文学]]
20,517

回編集