「カルデラ」の版間の差分

: 主に[[玄武岩]]質の流動性の高い[[マグマ]]が、真上に噴火はせずマグマ溜まりから側方に移動して、空洞となったマグマ溜まりに地面が陥没し円筒形の凹地ができる。マグマ水蒸気噴火が発生する場合などを除いて、穏やかな噴火によって形成されることが多い。[[ハワイ]]の[[キラウエア火山|キラウエアカルデラ]]を代表とする。日本では[[伊豆大島]]や[[三宅島]]の山頂カルデラがこのタイプと考えられている。
 
===== 濁川じょうご型カルデラ =====
じょうご濁川型カルデラとも呼ばれる。[[流紋岩]]質のマグマによる爆発的噴火によって形成される。ピストンシリンダー型より小さく、環状割目ではなく1個から数個の火口から噴火し、周辺の岩石は破砕されてマグマ溜まり跡の空洞に落ち込みじょうご型の凹地を形成する(これはすぐに土砂で埋まって平坦な盆地となる)。内部に落ち込んだ岩石にあまり大きいものはなく、カルデラと火口の中間的なものとも考えられる。日本では、[[北海道]]の[[濁川カルデラ]]や山形県の[[肘折カルデラ]]、[[神奈川県]]の[[箱根火山の形成史|箱根カルデラ]]を代表とする。
 
=== 馬蹄形カルデラ ===