メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
 
== 概要 ==
アニメ版[[ポケットモンスター (アニメ)|「ポケットモンスター」]]に登場したキャラクター・少年[[写真家|カメラマン]]の'''トオル'''が主人公のスピンオフ作品。プレイヤーはトオルを操作して「ポケモンアイランド」で野生ポケモンをカメラで撮影し、[[被写体]]大きさや向き・ポーズなどで高得点を目指す。撮影時にはカメラの他にも色々な道具を使って撮影をサポートすることができるほか、気に入った写真は[[アルバム]]挑戦ことも出来る。
 
大量の画像データを扱うゲームシステムのため、元は[[64DD]]用として開発が始まったが、64DDの度重なる延期を受けてロムカセットで発売される事となった。
また、発売当時は[[コンビニエンスストア]]の[[ローソン]]にカセットを持ち込むと、[[プリントクラブ|プリクラ]]風の[[シール]]に出力してくれる画期的な[[サービス]]を行っていた。
 
制作はゲーム業界で史上初の広告による公募で選抜された、任天堂とHAL研究所のプロジェクトチーム「ジャックアンドビーンズ」<ref>スタッフを選抜する際に面接・書類審査を行ったのは、[[岩田聡]](開発当時HAL研究所代表)、[[糸井重里]]、[[宮本茂]]、[[中村光一]]の4人。 [http://www.1101.com/nintendo/nin5/nin5-jack.htm 「ほぼ日刊イトイ新聞」より、スタッフ公募広告]</ref>。なお、開発当初はポケモンとは全く別のオリジナルキャラクターを撮るゲームとして開発が進められていたが、途中でポケモンへと変更になった。岩田曰く「遊びの動機がはっきりしなかったため」<ref>[http://www.nintendo.co.jp/wii/interview/rk5j/vol1/index4.html 社長が訊く『毛糸のカービィ』]</ref>途中でポケモンへと変更になった
 
[[2007年]][[12月4日]]より、[[Wii]]の[[バーチャルコンソール]]として配信開始された。撮った写真を[[Wii伝言板]]で他のユーザーに送信できる機能が追加された。新規のプロモーションムービーを制作して[[みんなのニンテンドーチャンネル]]で配信したり、[[ポケモン (企業)|ポケモンだいすきクラブ]]で発売記念キャンペーンを実施し、「[[Yahoo!]]きっずポケモン」で本作の主人公であるトオルが主要キャラとなった話の6話分を配信した(配信は[[2008年]][[1月14日]]で終了)など、新作ソフト並の扱いとなっており、後の[[Wiiウェア]]の登場を示唆している。
*[[アニメ版ポケットモンスターの登場人物#トオル|トオル]]
*[[オーキド・ユキナリ|オーキド博士]]
 
 
== 設定 ==
全てのコースで、ポケモンアイランドに生息しているポケモンを全て撮ることがゲームの目的である。
そのためには隠れているポケモンを探し出したりもしなければならず、中には謎解きの要素のような少し複雑な方法もある。
ポケモンの姿がなるべくわかりやすくなるように、はみ出さない程度に大きく、正面や後ろ向きで、特別なポーズや群れているところを撮影するなどいくつかの得点要素があるが、点数を気にせず面白い写真を撮ることもこのゲームの面白さのひとつである。また、気に入った写真は[[アルバム]]に残すこともできる。
 
== ゼロワン号 ==
1,611

回編集