「坂本勉」の版間の差分

m (Otheruses調整)
大学卒業後は日本競輪学校へ入学。デビュー後暫くは、当時の制度による卒業同期選手のみで行われた新人リーグ競走で圧倒的な力を示し、リーグ終了後も含めて35連勝を記録を樹立した<ref>特別進級(特進)制度が設けられるようになってからの最多連勝記録保持者。特進制度がなかった時代を含めると、1962年に[[須田一二三]]がデビュー戦以降、37連勝を記録している。</ref>。
 
そしてトップクラスのS級でも実力を遺憾なく発揮し、[[1989年]]には[[オールスター競輪]]で特別競輪(現在の[[競輪の競走格付け#GI (G1)|GI]])初優勝を果たして獲得賞金1億円突破も確定的になっていたが、[[KEIRINグランプリ]]中止のため、あと70万ほど届かず幻となった<ref>中止による補償金は支給されたが賞金としては算出されなかった。</ref>。しかし[[1990年]]のKEIRINグランプリを制した(歴代4人目)ことで賞金1億円突破と2年連続の賞金王を達成し、競輪の頂点に上り詰めた。
 
この暫く後から持病の[[腰痛]]に悩まされるようになり、自らの時代を築き上げる所までには至らなかった。だが40歳を越してからもGIに出場するなど息の長い活躍を続け、[[2010年]]には長男・貴史がS級に昇格したことから史上2組目<ref>史上初は[[2006年]]の竹内久人(37期)・公亮(86期)親子。</ref>となる親子同時S級在籍を達成し、同年9月のオールスター競輪においては史上初となる親子同時GI出場も達成した。