「呉芮」の版間の差分

編集の要約なし
m (Bot: </br> → <br /> ∵Tag with incorrect/obsolete syntax: Check Wikipedia #2)
{{記事名の制約|呉&#x82AE;}}
'''呉 &#x82AE;'''(ご ぜい、? - [[紀元前202年]]、在位:紀元前202年)は、[[秦]]末から[[前漢]]にかけての群雄。初代[[長沙]]王で、漢代初めに高祖[[劉邦]]を皇帝に推戴した異姓諸侯王のうち、趙王[[張耳]]と並んで天寿を全うして子孫に王位を伝え、長沙王はその中で最も長く続いた王となった。
 
==略歴==
|-
! 姓名
| 呉&#x82AE;
|-
! 時代
|-
! 家族・一族
| 子:呉臣 呉淺 孫:呉回 呉淺<br />
義理の子:[[英布]]〔娘婿〕<br />
子孫:[[呉綱]]<ref>『[[魏書 (三国)|魏書]]』諸葛誕伝が引く『[[世語]]』よると、呉&#x82AE;の16世孫で、[[魏 (三国)|魏]]の[[諸葛誕]]の[[長史]]を勤めたと記されている。</ref>
|}
 
秦の番陽県令であり、長江・番陽湖一帯の人々に慕われ、「番君」と呼ばれた。[[陳勝・呉広の乱]]に始まる秦末の乱の際、[[英布]]は呉&#x82AE;に従い、呉&#x82AE;は自分の娘を英布の妻とし、[[越]]の人間を率いて秦への反乱に加担した。沛公劉邦が南陽を攻めた際、劉邦は呉&#x82AE;の将の梅鋗と遭遇し、一緒に南陽の県を攻め落とした。
 
高祖元年([[紀元前206年]])、関中が劉邦、[[項籍|項羽]]によって落とされ秦が滅び、項羽が[[義帝]]を奉じて各地に王を立てると、越の人間を率いて功績のあった呉&#x82AE;は衡山王に封じられ、梅鋗は十万戸の侯に封じられた。その後、項羽は九江王英布と衡山王呉&#x82AE;に命じ、義帝を殺させた(『史記』項羽本紀)。
 
時期は不明だが呉&#x82AE;は項羽によって衡山王を剥奪され、番君に降格された。その後、離反して劉邦に与した。英布と同時期のことであるのか、あるいは呉&#x82AE;が英布を唆して劉邦陣営に付いたのかは不明だが、劉邦は呉&#x82AE;の功績を高く評価している。
 
高祖5年([[紀元前202年]])、漢王劉邦が項羽を滅ぼすと、楚王[[韓信]]、韓王[[韓王信|韓信]]、淮南王英布、梁王[[彭越]]、趙王張耳、燕王[[臧荼]]と共に劉邦に「[[皇帝]]」の尊号を奉った。同年、呉芮は劉邦により長沙王(異姓七王の一人)に立てられ、その年に死亡した。文王と[[諡]]された。また、高祖劉邦は後に呉&#x82AE;の忠を褒め称え、律令に記させている。
 
長沙王は子の成王呉臣が継いだ。呉臣は在位中、反乱を起こすも敗れて逃げてきた英布を殺している。その後も長沙国は劉邦が「劉氏でなければ王としない」と盟約を結んだことの例外となり、哀王呉回、共王呉右、靖王呉と継承され、長沙国は[[文帝 (漢)|文帝]]の後7年([[紀元前157年]])に呉が後継ぎを残さず死亡するまで続いた。
 
== 脚注 ==
巻19恵景間侯者年表</span>
*<span style="font-size:90%;">([[後漢]])[[班固]]著([[唐]])[[顔師古]]注『[[漢書]]』
巻1下高帝紀下、巻13異姓諸侯王表、巻31項籍伝、巻34英布伝、同呉&#x82AE;伝</span>
 
{{DEFAULTSORT:こ せい}}
匿名利用者