「坂本一将」の版間の差分

編集の要約なし
== 経歴 ==
=== プロ入り前 ===
小学校から武蔵府中シニアで野球を始めると、世界一に輝き、大会で優勝。[[新宿区立西戸山中学校]]時代に武蔵府中シニアで日本一を経験した<ref name=bc-l>[http://www.bc-l.jp/2016draft_archives/bcldraft2016_13 VOL.13 坂本 一将(石川ミリオンスターズ) 野手 #5]</ref>。小中学校の1学年後輩に[[長谷川潤_(野球)|長谷川潤]]がいる。
 
[[浦和学院高等学校|浦和学院高校]]に進学すると、2年の夏に[[第89回全国高等学校野球選手権大会]]の埼玉県代表として[[阪神甲子園球]]に登場したが、試合には出場は無しなかった。3年夏1番バッター打者として[[第90回全国高等学校野球選手権記念大会]]に出場。全国大会の初戦で[[土屋健二]]、[[筒香嘉智]]、[[倉本寿彦]]擁する[[横浜中学校・高等学校|横浜高校]]と対戦すると、土屋から5打数3安打と結果残す記録したが、チームは敗れた<ref>[http://www5.nikkansports.com/baseball/highschool/sensyuken/2008/score/2008080703.html 横浜 対 浦和学院]</ref>。高校時代の1学年先輩に[[赤坂和幸]]がいる。
 
[[東洋大学硬式野球部|東洋大学]]への進学後は、2年秋から[[東都大学野球連盟|東都大学野球]]のリーグ戦に出場。4年時からレギュラーとして出場したが、春季リーグ戦では打率が.184、秋季リーグ戦でも.219にとどまった。なお、野球部の1学年先輩に[[藤岡貴裕]]、[[鈴木大地_(野球)|鈴木大地]]、[[小田裕也]]、同期に[[緒方凌介]]、[[土肥寛昌]]がいる。
 
大学卒業後に入社した[[セガサミー硬式野球部|セガサミー]]では、1年目からレギュラーとして活躍。2年目の[[第40回社会人野球日本選手権大会]]では準優勝に貢献した。しかし、{{by|2015年}}シーズンでセガサミーを退社すると、[[ベースボール・チャレンジ・リーグ|BCリーグ]]のトライアウトを受験。その結果、BCリーグのドラフト会議で[[石川ミリオンスターズ]]に指名された<ref name=hochiprof>{{cite web|url=http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20161123-OHT1T50180.html|title=【オリックス】育成4BCBC石川・坂本、背番「127127」に決定「プロの世界がここから始まる」|publisher=スポーツニッポン報知|accessdate=2016-12-1}}</ref>。
 
===BCリーグ・石川時代===
[[2016年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|2016年のNPB育成ドラフト会議]]で、[[オリックス・バファローズ]]から4巡目で指名。支度金300万円、年俸250万円(金額は推定)という条件で、[[育成選手制度 (日本プロ野球)|育成選手]]として入団した<ref name=hochiprof/>。背番号は'''127'''。
 
== 選手としての特徴・人物 ==
小柄ながらも堅実な守備が持ち味の内野手。50m走で最速5秒8を計測したほど一方俊足の持ち主。所属チームの監督から「1人いれば良いな」と思われる選手になることが目標<ref name="father" />で、石川時代には、外野守備の練習にも取り組んでいる<ref name="wakeup" />。
 
== 人物 ==
[[社会人野球]]からBCリーグへ転じたきっかけは、小・中学校時代の後輩であった[[長谷川潤_(野球)|長谷川潤]]が、石川へ所属した後に2016年から[[読売ジャイアンツ]]へ入団したことにある。坂本自身も、[[NPB]]の球団へ入ることを目標に、長谷川と入れ替わる格好で石川へ入団した<ref name=bc-l/>。
 
[[2007年]]に57歳で他界した実父は、[[西南学院大学]]硬式野球部の4番打者として活躍した<ref name="father">{{cite web|url=http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20161218-OHT1T50261.html|title=【オリックス】身長162cm育成ドラフト4位坂本、「関係ないね」柴田恭兵と親交|publisher=スポーツ報知|accessdate=2016-12-18}}</ref>後に、[[水島新司]]([[漫画家]])率いる[[草野球]]チームの「[[あぶさん]]」で[[柴田恭兵]]([[俳優]])と一緒にプレー。水島も、自身の作品『[[野球狂の詩|新・野球狂の詩]]』の中で、実父の実名を冠した[[中日ドラゴンズ]]の新人選手を登場させている。坂本自身は、オリックス合宿所「青濤館」への入寮の際([[2017年]][[1月9日]])に、「育成選手では(水島の漫画に)描いてもらえないので、([[支配下選手登録|支配下登録選手]]として漫画に登場できるように)しっかり頑張りたい」との決意を述べた<ref name="dream">{{cite web|url=http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/01/09/kiji/20170109s00001173074000c.html|title=オリックス育成4位・坂本 水島新司氏の漫画再登場狙う|publisher=スポーツニッポン|accessdate=2016-12-1}}</ref>。ちなみに、幼少期には、実父に連れられて[[東京ドーム]]でプロ野球の試合を頻繁に観戦。そのたびに、実父から「二遊間を見ておけ」「(体格の)大きい選手に負けるな」と言われたという<ref name="father" />。
[[2007年]]に他界した実父は生前、[[水島新司]]率いる[[草野球]]チームの「[[あぶさん]]」で、[[俳優]]の[[柴田恭兵]]と一緒にプレー。坂本自身も、柴田のことを「恭兵さん」と呼ぶほど、幼少期から柴田と親交が深い。オリックスへの入団記者会見では、座右の銘に「関係ないね!」(『[[あぶない刑事]]』シリーズで柴田が演じた大下勇次の決め台詞)を挙げたうえで、「([[支配下選手登録]]を経て一軍の公式戦で)活躍したら、[[ヒーローインタビュー]]で絶対に『関係ないね!』と言いたい」と公言した<ref name="wakeup" />。
 
[[2007年]]に他界した実父は生前、[[水島新司]]率いる[[草野球]]チームの「[[あぶさん]]」で、[[俳優]]の[[柴田恭兵]]と一緒にプレー。坂本自身も、柴田のことを「恭兵さん」と呼ぶほど、幼少期から柴田と親交が深い。高校2年の時に実父を亡くして<ref name="father" />からは、柴田のことを実父のように慕っているという。オリックスへの入団記者会見では、座右の銘に「関係ないね!」(『[[あぶない刑事]]』シリーズで柴田が演じた大下勇次の決め台詞)を挙げたうえで、「([[支配下選手登録]]を経て一軍の公式戦で)活躍したら、[[ヒーローインタビュー]]で絶対に『関係ないね!』と言いたい」と公言した<ref name="wakeup" />。
 
== 詳細情報 ==