「巽真悟」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎外部リンク: 内容変更)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
|背番号 =
|選手写真ファイル名 = HAWKS20-TATSUMI.jpg
|写真のコメント = 2013ソフトバンク時代<br>(2013年9月15日 福岡ヤフオク!ドーム
|国籍 = {{JPN}}
|出身地 = [[和歌山県]][[東牟婁郡]][[古座川町]]
|選出方法 =
}}
'''巽 真悟'''(たつみ しんご、[[1987年]][[1月10日]] - )は、[[和歌山県]][[東牟婁郡]][[古座川町]]出身の[[プロ野球選手]]([[投手]])。
 
== 経歴 ==
{{by|2015年}}、8月11日の対[[オリックス・バファローズ]]17回戦([[福岡ドーム|福岡Yahoo! JAPANドーム]])、9回表に4点差の状況で4番手でリリーフ登板し無失点。その裏に[[柳田悠岐]]が逆転サヨナラホームランを放ったことから、一軍公式戦での初勝利を記録した。
 
{{by|2016年}}、ウエスタン・リーグ公式戦で、中継ぎ要員として38試合に登板。4勝1敗、防御率2.72という成績を残した。しかし、5年振りに一軍公式戦での登板機会がなく、[[10月22日]]に球団から[[戦力外通告]]を受けた<ref>{{Cite web |date=2016-10-22 |url=http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/13870.html |title=来季契約について |publisher=福岡ソフトバンクホークス公式サイト |accessdate=2016-10-28}}</ref>。巽自身は、[[NPB]]他球団での現役続行を希望していたことから、11月12日に[[12球団合同トライアウト]]([[阪神甲子園球場]])に参加。[[打撃 (野球)#練習|シートバッティング]]形式で打者3人と対戦すると、参加42投手では最も速い148km/hの[[速球|ストレート]]を投じるとともに、1与四球1奪三振という結果を残した<ref>{{Citenews|url=http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.html|title=65人が参加/12球団合同トライアウト詳細|newspaper=日刊スポーツ|date=2016-11-12|accessdate=2016-11-13}}</ref>。しかし、NPB他球団から獲得のオファーを受けるに至らなかったため、現役を引退した
=== 現役引退後 ===
 
現役時代に個人で契約していたメンタルトレーナーからの紹介で、{{by|2017年}}1月から[[人材派遣会社]]のエイジェック([[ベースボール・チャレンジ・リーグ]]に加盟する[[栃木ゴールデンブレーブス]]の親会社)へ入社。元プロアスリートによるセカンドキャリア形成の支援を目的に採用した社員の第1号で、入社後は、派遣社員登録希望者への面接やロッテの本拠地・[[千葉マリンスタジアム|ZOZOマリンスタジアム]]に関連する業務(入場券の確認業務に携わる[[アルバイト]]への指示など)を担当する<ref>{{Citenews|url=http://www.nikkansports.com/baseball/news/1755287.html|title=ソフトバンク元ドラフト1位巽真悟、人材派遣会社で再出発|newspaper=日刊スポーツ|date=2017-1-9|accessdate=2017-1-9}}</ref>。
===ソフトバンク退団後===
[[NPB]]他球団での現役続行を希望していることから、[[2016年]][[11月12日]]には、[[阪神甲子園球場]]で開催の[[12球団合同トライアウト]]に参加。[[打撃 (野球)#練習|シートバッティング]]形式で打者3人と対戦すると、参加42投手では最も速い148km/hの[[速球|ストレート]]を投じるとともに、1与四球1奪三振という結果を残した<ref>{{Citenews|url=http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.htmlv|title=65人が参加/12球団合同トライアウト詳細|newspaper=日刊スポーツ|date=2016-11-12|accessdate=2016-11-13}}</ref>。
 
== 選手としての特徴・人物 ==
大学時代は最速149km/hの[[速球|ストレート]]とキレのある縦の[[スライダー (球種)|スライダー]]を武器に、[[カーブ (球種)|カーブ]]、[[チェンジアップ]]、[[カットボール]]、[[ツーシーム・ファストボール|ツーシーム]]も投げ分ける<ref>関西の逸材3投手を追いかけて 『アマチュア野球』第20号、日刊スポーツ出版社、2008年、雑誌66835-16、52-54項。</ref>本格派。大学時代には、ストレートで最速149km/hを計測した。その一方で、不調子が悪いに陥る投球フォームが崩れるため試合によ投球内容は安定しなかて出来不出来に差があるのが欠点<ref name="ama2008">ドラフト候補をたっぷり語る『アマチュア野球』第20号、日刊スポーツ出版社、2008年、雑誌66835-16、37項。</ref>。
 
と同じ和歌山県出身で、西武のエースとして活躍した[[西口文也]]に体格や投球フォームが似ていることから、[[現役時代には「西口文也|西口]]二世など呼ばれてわれるまた、高校時代新宮高校の先輩でもある[[藪恵壹]]と同じくスライダーを武器にしていたこともありから藪二世として報じられたこともある。
 
足も速く、大学時代は塁に出ると盗塁のサインも出されていた<ref name="ama2008"></ref>。ソフトバンク時代の2015年5月6日には、[[県営八代運動公園阪神タイガース|八代阪神]]で行われたとのウエスタン・リーグの対公式戦([[阪神タイガース|阪神県営八代運動公園]])に帯同していたところ、8回裏の攻撃中打者の[[張本優大]]が頭部に死球を受けて退場し、ソフトバンク。この時点でチームベンチ登録の野手を全員使い切っていたことから投手登録の巽が、張本の代走で出場しに起用された<ref>[http://www.softbankhawks.co.jp/farm/result/2015050601/ 2015年5月6日 2軍試合結果:福岡ソフトバンク対阪神]福岡ソフトバンクホークス</ref>。この時は得点には至らなかったものの、三塁まで進塁してんでいる。
 
== 詳細情報 ==
匿名利用者