「北廻線」の版間の差分

m
lk
m (lk)
[[日本統治時代 (台湾)|日本統治時代]]に、花蓮駅と宜蘭付近から建設を始めたものの、残り約30kmを残して[[未成線|未成に終わった鉄道路線]]である。
 
本路線の建設は、[[十大建設 (台湾)|台湾十大建設]]の一つとされたことから本格的に始まった。北迴線開通以前は台湾東部の[[花蓮駅]] - [[台東駅]]間の[[台東線]]は独立して運行され、[[西部幹線]]との鉄道による連絡が行なわれていなかった。そのため貨客ともに[[:zh:蘇花公路|蘇花公路]]と[[:zh:中部横貫公路|中部横貫公路]]に頼っており、増大する東西交通の需要に応えられなくなってきた。
 
[[1973年]]、台湾東部を大型台風が襲い、東部交通網は深刻な被害を受けた。東西交通問題を解決する方法として蘇花公路の拡幅、新規道路の建設、鉄道建設の3案が検討され、効果が最も高いと判断された鉄道建設が決定。[[蒋経国]][[中華民国総統|総統]]の賛同を得て、十大建設の一つとして同年12月25日に着工、日本統治時代に築かれた部分を利用し、[[1980年]]に全線が開通した。
6,980

回編集