「民事訴訟法」の版間の差分

編集の要約なし
m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 概要 ==
'''旧民事訴訟法'''は、日本初の本格的な民事訴訟法として[[1890年]](明治23年)に制定された。[[ドイツ]]の法学者[[ヘルマン・テッヒョー]]起草にかかるものである。[[1926年]](大正15年)にオーストリア民事訴訟法典の影響を受けた大きな改正(大正15年法律第61号)を経て、その後ほぼ70年の間、部分的な改正のみが行われ用いられ続けた。
 
当初の旧民事訴訟法には、[[強制執行|民事執行手続]]や民事保全手続に関する規定も含まれていたが、執行手続については[[1979年]](昭和54年)に[[競売法]]と統合して[[民事執行法]]が、保全手続については[[1989年]](平成元年)に[[民事保全法]]がそれぞれ別の法律として独立した。
 
現行法が施行されたことに伴い、旧民事訴訟法は「公示催告手続及ビ仲裁手続ニ関スル法律」と題名を変えて残った。その後[[仲裁法]]が制定されたことに伴い、仲裁手続部分を削除し、公示催告手続のみを規定する「公示催告手続ニ関スル法律」と再度題名改正し存続した。さらに、公示催告手続につき改良した手続を[[非訟事件手続法|旧非訟事件手続法]]に加える改正がされ、平成17年4月1日に廃止された。
694

回編集