メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''賀川 豊彦'''(かがわ とよひこ、旧字体:'''豐彥'''、[[1888年]]([[明治]]21年)[[7月10日]] - [[1960年]]([[昭和]]35年)[[4月23日]])は、[[大正]]・[[昭和]]期の[[キリスト教]][[社会運動家]]、[[社会改良家]]。[[戦前#日本史における「戦前」|戦前]][[日本]]の[[労働運動]]、[[農民運動]]、[[無産政党]]運動、[[生活協同組合]]運動において、重要な役割を担った人物。[[日本農民組合]]創設者。「[[イエス団]]」創始者。キリスト教における[[博愛の精神]]を実践した「貧民街の聖者」として日本以上に世界的な知名度が高い。茅ヶ崎の平和学園の創始者である。
 
妻の[[賀川ハル]]も社会運動家。息子の賀川純基は[[教会音楽]]家。孫の[[賀川督明]]は[[グラフィックデザイナー]]であるとともに神戸の賀川記念館館長。
 
== 略歴・人物 ==
35,803

回編集