「旧約聖書続編」の版間の差分

編集の要約なし
 
==概説==
成立時の[[キリスト教]]では、[[七十人訳聖書]]と呼ばれる[[ギリシア語]]訳の聖書を自分たちの[[旧約聖書]]としてきた。この聖書は[[ユダヤ人]]が持っている[[ヘブライ語聖書|ヘブライ語(ヘブル語)の聖書]]に含まれない文書(あるいは文書の一部)をいくつか含んでいたが、当時これらの文書は初期のキリスト教はそれの文がギリシア語を用いるユダヤ教徒から聖なるも含め物とし受け継いだ<ref>[[新共同訳聖書]] 序文 p(Ⅲ) 1987年 [[日本聖書協会]]</ref>「聖書」であるとしてきた。[[ヒエロニムス]]のように、含まれる文書の範囲が異なることを強調して、[[ヘブライ語]]の聖書に含まれる文書のみを聖書とすべきだとする動きや、それによってヘブライ語聖書に無い諸文書を「[[第二正典]]」として(ヘブライ語聖書にある)[[聖書正典|正典]]とは一応区別しようとするような動きはあったものの、聖書自体から排除されることは無かったため、[[正教会]]や[[カトリック教会]]などでは現在でもヘブライ語聖書に無いいくつかの文書を聖書の中に入れている。
 
しかし、[[マルティン・ルター]]は聖書を[[ドイツ語]]に翻訳するにあたり、それまで使われていた[[ラテン語]]の聖書([[ウルガータ]])からではなく[[ヘブライ語]]原典から直接翻訳したため、ヘブライ語聖書に含まれる文書のみを内容とした聖書ができあがった。この「ヘブライ語聖書に含まれる文書のみを内容とした聖書」は、その後多くの[[プロテスタント]]諸派に受け継がれることになった。
1,049

回編集