「円偏光二色性」の版間の差分

m
Bot: Δ → Δ,ε → ε,π → π,θ → θ ,Replaced HTML character entity reference to the equivalent character/string∵Check Wikipedia #11
m
m (Bot: Δ → Δ,ε → ε,π → π,θ → θ ,Replaced HTML character entity reference to the equivalent character/string∵Check Wikipedia #11)
 
円偏光二色性の大きさは、左円偏光に対する吸光度''A''<sub>L</sub> と右円偏光に対する吸光度''A''<sub>R</sub> の差である'''円二色性吸光度'''
:&Delta;Δ''A'' = ''A''<sub>L</sub> - ''A''<sub>R</sub>
で表される。もしくは、tan&theta;tanθが楕円偏光の短軸での振幅の長軸での振幅に対する比となるような'''楕円率'''&theta;θで表される。
 
一対の鏡像異性の関係にある物質について、旋光度と同様に円偏光二色性は絶対値が等しく逆の符号になる。
 
左右円偏光の吸光度にはランバート・ベールの法則が成立するから、円二色性吸光度にも[[ランバート・ベールの法則]]が成立する。すなわち濃度''c'' 、光路長''l'' としたとき
:&Delta;Δ''A'' = &Delta;&epsilon;Δε''c l''
が成り立つ。濃度''c'' の単位として mol/dm<sup>3</sup>、光路長''l'' の単位として cm をとったときの&Delta;&epsilon;Δεを'''モル円二色性'''という。
 
また、楕円率&theta;θは濃度''c'' 、光路長''l'' に比例する。単位の取り方によって楕円率は次の2種類の表し方を持つ。
;比楕円率
:濃度''c'' の単位として g/100 mL、光路長''l'' の単位として dm をとったときに
::[&theta;θ'] = 100&theta;100θ/''c l''
:で表される。
;モル楕円率
:濃度''c'' の単位を mol/100 mL、光路長''l'' の単位として dm をとったときに
::[&theta;θ] = &theta;θ/''c l''
:で表される。
比楕円率とモル楕円率の間には
:[&theta;θ] = [&theta;θ']・''M'' /100
の関係がある。
 
また、モル円二色性とモル楕円率の間には
:[&theta;θ] = 18,000/4&pi;log4πlog<sub>10</sub>e・&Delta;&epsilon;Δε ≒ 3,298&Delta;&epsilon;298Δε
の関係がある。
 
125,305

回編集