「円記号」の版間の差分

m
Bot: ¥ → ¥ ,Replaced HTML character entity reference to the equivalent character/string∵Check Wikipedia #11
m (Bot: ¥ → ¥ ,Replaced HTML character entity reference to the equivalent character/string∵Check Wikipedia #11)
{{混同|x1=キリル文字|Ұ}}
{{記事名の制約|¥¥}}
{{特殊文字|説明=円記号などの記号}}
{{記号文字|¥¥}}
'''¥¥''' は、[[日本]]の[[通貨]][[単位]]の[[円 (通貨)|円]]や[[中華人民共和国]]の[[人民元]]などを表す[[通貨記号]]である。[[Unicode]]文字名称は「{{smallcaps|Yen Sign}}」、[[JIS X 0213|JIS]]文字名称は'''円記号'''(えんきごう)。金額を表す数字に前置する。
 
この円記号は、[[コンピュータ]]での[[Unicode文字のマッピング|文字コード変換マッピング]]に厄介な問題を抱えた[[約物|記号]]の1つ(類似の問題を抱える記号には「[[ウォン記号|₩]]」がある)として知られ、円記号のその問題は「円記号問題」と呼ばれる。
[[Image:Yuan sign single.svg|thumb|75px|横線が1本加えた円記号]]
 
[[幕末]]の英米人により、「円」は「en」ではなく「yen」と綴られた(詳細は[[円 (通貨)]]を参照)。[[ドル]]の習慣に合わせて、その頭文字Yに同様の二重線を入れたものが「¥¥」の由来であるとする説が一般的である。
 
一方、[[中国]]では本来の通貨単位である「[[圓]]」を、[[貨幣]]を表すにふさわしい・[[筆画|画数]]が少ない等の理由から、[[同音異字]]の「元」に代替した。双方、[[拼音]]で「yuán」と綴り、この頭文字に横線を1本または2本加えた記号「¥¥」を[[漢字]]と同じ[[マルチバイト文字|2バイト文字]]として用意し、コンピュータ用の[[文字集合]][[GB 2312]]に採用した結果、徐々に実社会でも普及した。
 
{{節stub}}
数字の前につけることにより「 - 円」という意味になる。
 
例:¥¥200(200円)
 
また、「&yen;¥200.-」のように数字の前に円記号、数字の後に[[終止符|ピリオド]]と[[ダッシュ (記号)|ダッシュ]]を入れて、前や後に数字を書き加えられることを防ぐこともある。これは[[銭]]の単位が日常的に用いられていた頃に、例えば「10円50銭」を「&yen;¥10.<sup><u>50</u></sup>」といったように表記していた名残である。
 
=== 中華人民共和国 ===
数字の前につけることにより「 - 元」という意味になる。
 
例:&yen;¥200(200元)
 
日本円と特に区別したい場合は、CN&yen;¥またはRMB&yen;¥(人民幣元、rénmínbì yuán の略)と書くことも行われる。
 
== コンピュータによる扱い ==
JIS X 0201は、[[アメリカ合衆国]]で制定された符号化文字集合の[[ASCII]]を拡張し[[国際規格]]とした [[ISO/IEC 646]] に準拠している。ISO/IEC 646は128文字分の領域を持つ符号化文字集合だが、このうち12文字は各国で自由に決めてもよい領域である。JIS X 0201 円記号が割り当てられた0x5C番地はこの12文字の1つであり、ASCIIでは[[バックスラッシュ]] ({{backslash}}) 記号が割り当てられていた。
 
従って、ASCIIなどで記述された文書を JIS X 0201 によるものと解釈して読むとバックスラッシュ ({{backslash}}) が円記号 (&yen;¥) に[[文字化け]]することとなり、逆もまた同様である。現在広く用いられている日本語用文字コードの[[Shift_JIS]]などにも JIS X 0201 に基づく部分があり、それらでも同じ現象が発生する。
 
バックスラッシュは、[[MS-DOS]]では[[ディレクトリ]]名を区切る記号として、[[C言語]]なら[[文字列]]の中で[[特殊文字]]を意味する記号として扱われるなど、ISO/IEC 646 で未定義の文字を、各種[[オペレーティングシステム]]や[[プログラミング言語]]、その他の[[ソフトウェア]]で制御コードとして使用するという不適切な仕様が一般化してしまった。
125,305

回編集