「DVD」の版間の差分

m
repair link to Mount Rainier
m (repair link to Mount Rainier)
DVD-R/-RW/-RAM陣営(以下、DVDフォーラム陣営)と+R/+RW陣営(以下、+RWアライアンス陣営)がVHS対ベータマックスのような[[規格争い]]を行って消費者に混乱を招くことが懸念されたが、現在は[[DVDレコーダー]]ではDVD-R/-RW/-RAMにほぼ落ち着き、パソコン向けドライブでは両対応のスーパーマルチドライブ(後述)が普及したためそれほど混乱は生じていない<!-- (とされるが、実際にパソコンショップにいると-と+の違いを解説する店員の姿をよく見かける) -->。
 
[[Microsoft Windows Vista|Windows Vista]]では、[[Mount Rainier (packet writing)|DVD+MRW]]と呼ばれる規格がサポートされている。これは[[パケットライト]]方式で書き込む際に有効でフォーマットを必要最小限の領域にとどめ、残りの領域のフォーマットは書き込みドライブが未使用のときに実行することでフォーマット時間を大幅に短縮できるというものである。
 
記録速度や2層メディアの登場など開発スピードがDVDフォーラム陣営に比べて速いことが特長だった。しかしデジタル放送のコピーガードへの対応が未だに実現していないことや、フォーラム陣営側も開発速度を上げたことから、日本では役割をほぼ終えた存在となった<ref>[http://www.sony.jp/rec-media/lineup/dvd-media.html SONY製DVDメディア]</ref>。
4,660

回編集