「社交不安障害」の版間の差分

m
Bot: § → § ,Replaced HTML character entity reference to the equivalent character/string∵Check Wikipedia #11
m (Bot: § → § ,Replaced HTML character entity reference to the equivalent character/string∵Check Wikipedia #11)
|GeneReviewsName =
}}
'''社交不安障害'''(しゃこうふあんしょうがい、{{Lang-en-short|Social Anxiety Disorder: '''SAD'''}})あるいは'''社交恐怖'''(しゃこうきょうふ、英:Social phobia)は、愚かに見えないかとか、場に合っていないのではとか、他人に辱められることに強い[[不安]]を感じるために、社交状況を避けたり、耐えていることによって、[[精神障害#重症度|相当な苦痛があるとか生活に重大な支障がある]]という[[精神障害]]である{{sfn|アレン・フランセス|2014|pp=86-89}}。対して、正常な内気は、単に知り合いのいないパーティを怖がるといったものである{{sfn|アレン・フランセス|2014|pp=86-89}}。対して社交不安障害では、そうした社交状況においてほぼ毎回、[[動悸]]、[[下痢]]、[[発汗]]、時に[[パニック発作]]といった不安症状が起こる<ref>『DSM-IV-TR』&sect;§社会恐怖-診断的特徴</ref>。
 
[[2008年]]に日本精神神経学会は、「社会」から「社交」へと訳語を変更した<ref name="社交恐怖か?"/>。以前のDSM-IVでは'''社会恐怖'''と'''社会不安障害'''の併記、それ以前のDSM-IIIでは'''社会恐怖'''である<ref name="社交恐怖か?">{{Cite journal |和書|author=笠原敏鉾|date=2010|title=Social Phobiaは社交恐怖か?|url=https://journal.jspn.or.jp/jspn/openpdf/1120070644.pdf|format=pdf|journal=精神神経雑誌|volume=112|issue=7|pages=644-649|naid=10028059087}}</ref>。[[対人恐怖]]の概念と似ているとする意見がある<ref name="社交恐怖か?"/>。
「自殺を考えたことがある」人の割合はうつ病の人よりも多く、実際周囲の人が思っている以上に患者達は悩んでいるといわれる{{要出典|date=2013年5月}}。
 
生涯有病率は3 - 13%と言われており決して稀な病気ではない<ref>『DSM-IV-TR』&sect;§社会恐怖-有病率</ref>。5歳以下など世代を問わず発症するが、特に15歳頃の[[思春期]]に多く、一般的な不安障害の中で最も発病年齢の低い病気と言われている。その一方、30 - 40代あたりに管理職につき、人前で話す機会が多くなり発症するといったケースもめずらしくない。
 
== 診断基準 ==
125,305

回編集