「日高秩父」の版間の差分

出典追加
(内大臣秘書官を務めたことの出典を追加)
(出典追加)
{{脚注の不足|date=2016年2月}}
'''日高 秩父'''(ひだか ちちぶ、[[嘉永]]5年[[12月5日 (旧暦)|12月5日]]([[1854年]][[1月3日]]) - [[1920年]]([[大正]]9年)[[4月19日]])は、[[明治]]から大正期の[[内大臣]][[秘書官]]<ref name="人事興信録3-ひ7">『人事興信録 第3版 く之部―す之部』ひ7頁。</ref><ref name="人事興信録4-ひ2">『人事興信録 第4版』ひ2頁。</ref><ref name="人事興信録5-ひ2">『人事興信録 第5版』ひ2頁。</ref>、[[皇太子|東宮]][[御学問所御用掛]]、[[書家]]。[[正五位]][[勲等|勲三等]]。[[号 (称号)|号]]は梅渓。呆呆谿とも書く(呆呆で1文字)。
 
== 生涯 ==
 
== 栄典 ==
* [[1906年]](明治39年)[[4月1日]] - [[従軍記章|明治三十七八年従軍記章]]<ref>『官報』第7578号・付録「辞令」[[1908年]](明治41年)[[9月28日]]。</ref>
 
== 家族・親族 ==
* 妻・リキ - 呉黄石・せき夫妻の娘<ref name="学問の歩きオロジー102"/>、大槻ヤス・呉文聰・呉クミの妹<ref name="人事興信録3-ひ7"/><ref name="人事興信録5-ひ2"/><ref name="学問の歩きオロジー102"/><ref name="人事興信録2-甲1341">『人事興信録 第2版』甲1341頁。</ref>、呉秀三の姉<ref name="人事興信録4-ひ2"/><ref name="学問の歩きオロジー102"/>。
* 義父・呉黄石 - [[広島藩]]医、旧姓・山田<ref name="学問の歩きオロジー102"/>。
* 義母・せき - 箕作阮甫の長女<ref name="学問の歩きオロジー102"/>。
* 五男・第五郎 - 書家<ref name="人事興信録3-ひ7"/><ref name="人事興信録4-ひ2"/><ref name="人事興信録5-ひ2"/><ref name="学問の歩きオロジー102"/><ref name="人事興信録2-甲1341"/>。
* 五女・智子 - 夭折<ref name="人事興信録3-ひ7"/><ref name="人事興信録4-ひ2"/><ref name="人事興信録5-ひ2"/>。
* 義孫・[[木田宏]] - 第四郎の娘婿、文部官僚・教育評論家<ref>『[[読売新聞]]』[[1977年]]([[昭和]]52年)[[12月15日]]朝刊、19面。</ref>
 
== 脚注・出典 ==
{{脚注ヘルプ}}
2,092

回編集