「国家総力戦」の版間の差分

m
航空機、戦車などは第一次世界大戦と比較して遥かに高度な兵器に進化していたため、その大量生産・大量消費は国家に大きくのしかかった。同時に、その進化に追従出来なかった国は落後していった。
 
このように第二次世界大戦下での国家総力戦は、戦争中の戦略的必要性と戦争産業革命後に予期さおいても先進国のみがその場に残れる被占領・賠償の回避いう点においては列強両面から弱争いの頂点支持されたものであおけと同時に世界を巻き込んだ戦争を遂行するであっめの[[プロパガンダ]]して利用された言えるであろう
 
戦争中の戦略的必要性と戦争後に予期される被占領・賠償の回避との両面から強固に支持されたものであると同時に戦争を遂行するための[[プロパガンダ]]として利用された。
 
== 労働の動員 ==