「アキテーヌ地域圏」の版間の差分

記事の整理
m
(記事の整理)
{{redirect|アクイタニア|小惑星|アクイタニア (小惑星)}}
{{出典の明記|date=2017年1月}}
{{フランス地域圏概要
|旗=File:Aquitaine flag.svg
'''アキテーヌ地域圏'''([[フランス語|仏]]:{{lang|fr|Aquitaine}}, [[オック語|Oc]]:{{lang|oc|Aquitània}}, [[バスク語|Beq]]:{{lang|oc| Akitania}})は、[[フランス]]南西部のかつて存在した[[フランスの地域圏|地域圏]]である。北は[[リムーザン地域圏]]と[[ポワトゥー=シャラント地域圏]]、南は[[スペイン]]に接する。西は[[大西洋]]に面している。地域圏内に5つの[[フランスの県|県]]([[ドルドーニュ県]]、[[ジロンド県]]、[[ランド県]]、[[ロット=エ=ガロンヌ県]]、[[ピレネー=アトランティック県]])を含む。最大都市は[[ボルドー]]。この地域の住民は{{仮リンク|アキテーヌ人|en|Aquitani}}と呼ばれる。
 
== 概要 ==
歴史的には[[ローマ帝国]]の[[属州]][[ガリア・アクィタニア]]([[ラテン語|羅]]:Gallia Aquitania)であった地域であり、アクィタニアが訛ったものが「アキテーヌ」である。州都の[[ボルドー]]は[[ワイン]]の集散地として世界的にその名を知られる都市である。主要産業は農業、食品工業、化学工業など。南部の[[ガスコーニュ]]地方は[[アレクサンドル・デュマ・ペール|アレクサンドル・デュマ(1世)]]の小説『[[ダルタニャン物語|三銃士]]』の主人公[[ダルタニャン]]の地元としてモデルにされた地域。フランス国鉄が運行していた[[TEE]]列車の愛称にも使用されていた。面積は[[九州]]とほぼ同じぐらい、人口は[[茨城県]]と同程度。
歴史的には[[ローマ帝国]]の[[属州]][[ガリア・アクィタニア]]([[ラテン語|羅]]:Gallia Aquitania)であった地域であり、アクィタニアが訛ったものが「アキテーヌ」である。
 
歴史的には[[ローマ帝国]]の[[属州]][[ガリア・アクィタニア]]([[ラテン語|羅]]:Gallia Aquitania)であった地域であり、アクィタニアが訛ったものが「アキテーヌ」である。州都の[[ボルドー]]は[[ワイン]]の集散地として世界的にその名を知られる都市である。主要産業は農業、食品工業、化学工業など。南部の[[ガスコーニュ]]地方は[[アレクサンドル・デュマ・ペール|アレクサンドル・デュマ(1世)]]の小説『[[ダルタニャン物語|三銃士]]』の主人公[[ダルタニャン]]の地元としてモデルにされた地域。フランス国鉄が運行していた[[TEE]]列車の愛称にも使用されていた。面積は[[九州]]とほぼ同じぐらい、人口は[[茨城県]]と同程度。
 
2016年1月1日、[[リムーザン地域圏]]、[[ポワトゥー=シャラント地域圏]]と統合し、[[ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏|アキテーヌ=リムーザン=ポワトゥー=シャラント地域圏]]となった。
* [[ポー]]と[[ボルドー]]には大学があり、8万人以上が通学している
* 観光産業も盛んで特に{{仮リンク|コート=ダルジャン|en|Côte d'Argent}}周辺にサーファーや日光浴のために訪れる人が多い。
 
== 参照 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
匿名利用者