「李元昊」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 10 件をウィキデータ上の d:q7438 に転記)
|在位期間 =[[1038年]][[11月10日]] - [[1048年]][[1月19日]]
|都城 =興慶府
|諱 =李元昊<br/>趙元昊<br/>嵬名曩霄<br/>兀密曩霄
|字 =
|小字 =
宋との戦いには何度となく大勝するが、同時に宋との交易を断たれたことで経済的に困窮し、最終的に[[天授礼法延祚]]7年([[1044年]])に「夏は宋に臣従する」「宋から夏に対して絹13万・銀5万・茶2万を歳賜として送る」などの条件で和議を結んだ。晩年には[[西夏文字]]の形成にも尽力し、西夏の文化向上に努めた。
 
しかし晩年は酒に溺れ、西夏を乱れさせてしまった。皇后の野利氏・太子の[[李寧令哥]](寧令哥)を廃したことで、天授礼法延祚11年([[1048年]])に李寧令哥によって殺害された。享年46。
 
== 登場作品 ==
匿名利用者