「蕭奉先」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
弟の蕭嗣先が将軍として、[[金 (王朝)|金]]の[[阿骨打|太祖]]の軍勢と戦って大敗してしまった。従来なら蕭嗣先は天祚帝から[[処刑|厳刑]]を受ける立場だったが、兄のとりなしで罪は問われなかった。以後から蕭奉先の専横もあり、遼の軍紀は腐敗にまみれて、対金との戦いで連敗を繰り返した。
 
[[1121年]]、蕭奉先は、妹の子の秦王を[[皇太子]]にする構想を練り出した。そのためには、天祚帝の嫡子で[[太子]]候補の晋王・[[耶律盧斡]]と遼の[[宗室]]でもある上京路都統、金吾衛大将軍の[[耶律余]]と(余覩とも、晋王の叔母の夫)の存在が邪魔だった。
 
そこで、蕭奉先は一案を浮かび、天祚帝に上訴した。彼は「余賭は、晋王・盧斡を擁立する陰謀の模様である」と讒言してしまった。天祚帝はまったく蕭奉先の言葉を疑わず、直ちに晋王、耶律余一味の鎮圧に動いた。
 
そのため、外征中の耶律余は身の危険を感じてしまい、やむなく金に降ってしまった。間もなく晋王の生母の[[蕭文妃]]は[[賜死]]を受け、翌[[1122年]]正月に晋王も絞首刑に処され、その一族も連坐で皆殺しの刑に処されてしまった。蕭奉先の希望通りに秦王が太子となった。
 
しかし、同年3月7日に天祚帝は親征したが、入來山で金に敗れ、[[燕京]]には戻らず[[長春]]に逃れた。間もなく西の[[山西]][[雲州|雲中]]の陰山に潜伏した。同17日、留守を預かった[[皇族]]の[[耶律大石]]は[[李処温]](かつて蕭奉先の推薦を受けた)とともに、天祚帝の従父[[耶律淳]]([[天錫帝]])を擁立し、天祚帝を「湘陰王」に降格して、「[[北遼]]」を建国してしまった。
匿名利用者