「ATPアーゼ」の版間の差分

編集の要約なし
m (基礎的な用語の間違い訂正、酸化炭素オキサイドのようなもの?)
'''ATPアーゼ'''(ATPエース、ATPase、ATPases (ion transport))とは、[[アデノシン三リン酸]] (ATP) の末端[[高エネルギーリン酸結合]]を[[加水分解]]する[[酵素]]群の総称である([[EC番号]] 3.6.1.3、3.6.3、3.6.4)。ATP は生体内のエネルギー通貨であるから、エネルギーを要する生物活動に関連した[[タンパク質]]であれば、この酵素の活性を持っていることが多い。
ラテン日本の正式名称ではATPアーゼカナ書きにすると、アデノシンフォスファターゼだが、アルファベット部ン酸を英語読み解酵素」などと表現ATPアーゼとす場合が多い。なお、リン酸アーゼとフォ「[[ホスファターゼ]]」同義「リン酸分解酵素」のことであるからアデノシン三リン酸フォスファターゼなどという、一化合物内呼び方は「リン酸」同一構造をラテン語・日本語混合で呼ぶこ重言はあ、正しくない。
 
== 特徴 ==
51

回編集