「イヴァン・ヴァゾフ」の版間の差分

編集の要約なし
m
{{工事中}}
{{Infobox writer <!-- for more information see [[:Template:Infobox writer/doc]] -->
| name = イヴァン・ヴァゾフ
| notableworks = 『軛の下で』
}}
'''イヴァン・ミンチョフ・ヴァゾフ'''(Иван Минчев Вазов; [[1850年]][[7月9日]] – [[1921年]][[9月22日]])は、[[ブルガリア]]の[[詩人]]、[[小説家]]、[[劇作家]]。 「ブルガリア文学の祖」と目されることも多い。1888年の小説『軛の下で』は30以上の言語に翻訳されている。 イヴァン・ヴァゾフ国立図書館、イヴァン・ヴァゾフ国立劇場は彼の名をとって命名されている。
 
== 生涯 ==
ミンチョホ・ヴァゾフとサバ・ヴァゾフのあいだにソポトで生まれる<ref>[http://www.slovo.bg/showwork.php3?AuID=14&WorkID=286&Level=1 Iwan Wasow in seiner Autobiographie]</ref>。商人の家庭。伝統的自意識が強かった家柄であり、兄弟にブルガリアの革命家でのちに国軍の将軍になるゲオルギ・ヴァゾフやウラジミール・ヴァゾフ、また、政治家になったボリス・ヴァゾフがいる。ボリスによればヴァゾフ家は[[テペデレンリ・アリー・パシャ]]の治世中に現在のギリシャ地域カストリア地区にあたる村ヤノべニから逃れる形で来たという<ref>Petar Kartschew, ''Prez prozoreca na edno polustoletie (1900–1950)'', Sofia, 2004, S. 274.</ref>。
 
イヴァン・ヴァゾフは[[ソポト]]でブルガリア修道院付属の学校や中等学校を卒業。早い時期からブルガリアや外国の文学と出会う。ヴァゾフはロシア関係を専門とする先生パルテニー・ベルチュヘフから初めてロシア詩やブルガリアの革命作品に触れる。 1865年、ヴァゾフはカロフェルにある学校で教師のボトヨ・ぺトコフ(ブルガリアの詩人で独立革命家の[[フリスト・ボテフ]]の父親)から[[ギリシャ語]]の手ほどきを受ける。ヴァゾフは[[フランス文学]][[ロシア文学]]の作品がふんだんにあった蔵書を見つけ、耽読、以後の文語的発達に寄与する。1866年、青年ヴァゾフは父によってプロヴディフに送られ、高等学校の4年生に在籍する。父はヴァゾフがギリシャ語を上達し、さらに[[トルコ語]]を学ぶことを望んでいたけれども、ヴァゾフは[[フランス語]]を学び、[[ピエール=ジャン・ド・ベランジェ]]、[[ヴィクトル・ユゴー]]、[[アルフォンス・ド・ラマルティーヌ]]といったフランスの詩人たちの詩を読んでいた。二年後、彼は父から事業を引き継ぐためソポトに帰郷する。けれども青年イヴァンは事業にほとんど関心を示さず、はやくも事業書の代わりに韻文の書物に熱中。イヴァンは母サバから支援を受ける。このころに書かれた詩の多くは後年になって『マイスカ キトカ』 (''Майска китка'')と題されたうえで1880年に出版される。
 
=== ルーマニアへ ===
1870年にイヴァンは見習いとして商業を学ぶため、[[ルーマニア]]南部の[[オルテニツァ]]の商人である叔父のところへ父が送った。けれども彼は商業に興味がなかった。彼は[[ルーマニア語]]やルーマニア文学を学び、[[ミハイル・コガルニチャヌ]]、[[ヴァシレ・アレクサンドリ]]、[[ニコラエ・バレスク]]、その他多くの人物の革命思想を研究する。彼は書物により関心が高まったがためルーマニア東部の[[ブライラ]]に向かう、 同年、中心的なブルガリア人亡命コミュニティに参加する。彼はストランジャにあるブルガリアの独立活動家の集会所のひとつだったニコラの宿屋でしばらくの間、住んでいた。そこでは決定的にヴァゾフに対して革命や自主独立の思想について影響を与えたフリスト・ボテフと出会った。ヴァゾフはルーマニア東部のブライラや[[ガラツィ]]で[[内部革命組織]]やブルガリア革命中央委員会(BRZK)の会合に参加する<ref>[[:en:Internal Revolutionary Organisation|Innere Revolutionäre Organisation in der englischen Wikipedia]]</ref>。苦しい生活の中、愛国組織の会議は青年詩人イヴァン・ヴァゾフにさし響き、彼の文学作に深い影響を残した。以後、『解放戦士』 (ブルガリア語 ''Хъшове; Haschowe'')、『ネミリ-ネドラギ』 (ブルガリア語 ''Немили-недраги'')といった小説等、複数の作品を発表する。最初に出版された詩集『闘争』 (ブルガリア語 ''Борба, ‚Kampf''‘)は亡命雑誌『ブルガリア文学社会誌』 (ブルガリア語 Периодическо списание на Браилското книжовно дружество)で1870年に発表する。彼は愛国詩を新聞『祖国』 (ブルガリア語. Отечество)、新聞『独立』 (bulg. Свобода)、雑誌『集い』 (bulg. Читалище)にそれぞれ掲載する。
 
1873年から1872年にかけて、一旦、ブルガリアに戻ったイヴァン・ヴァゾフは[[オスマン帝国]]の支配下にあった町スビレングラートで教師として働いた。彼は翌年にソフィア-キュステンジル間の鉄道の線路建設で通訳者として働き、ブルガリア南東部にあるムスタファ・パシャ(現在の地名はスヴィレングラード)で貧しいブルガリア農民の生活を目のあたりにした。彼は1875年に故郷へ戻り、同年、内部革命組織の下部組織としてソポト革命委員会の結成に参加、オスマントルコ帝国と戦った。
 
=== オデッサ滞在 ===
1886年8月9日に[[ブルガリア公国]]で親ロシア派将校のグループがクーデターを起こし、公アレクサンダル1世は追放されるが、政治家[[ステファン・スタンボロフ]]はアレクサンダル公の権力を回復するため反クーデター派を率いて対抗した。ヴァゾフは反ロシア派暫定政府のステファン・スタンボロフによる親ロシア派に対する弾圧を逃れるため、1886年の夏に[[ロシア帝国]]の[[オデッサ]]に渡った。オデッサに滞在中 (1886年から1889年まで)、小説『軛の下で』(ブルガリア語 Под игото)を著した。『軛の下で』([[松永緑弥]]訳、恒文社)は30以上の言語に翻訳されている。
 
=== ソフィア ===
1889年にヴァゾフはブルガリアに帰国し、[[ソフィア]]に定住する。1890年に雑誌『デニツァ』 (bulg. „Денница“)を創刊する。彼は批評的、現実主義の長文叙事文を『ドラスキ・イ・シャルキ』 (ブルガリア語 „Драски и шарки“)と題して2巻にまとめる。1895年、彼の文学活動25周年記念が祝われていたころに小説『新生国家』 (ブルガリア語 Нова земя)を発表する。[[File:Ivan Vazov's Grave.JPG|300px|thumb|Wasows Grab in Sofia]]ブルガリアが統一された後、東ルメリ自治州の東ルメリア人民党は存在意義を失い解党、1894年に[[ブルガリア王国]]の保守系の政党として新たに人民党を結党し、ヴァゾフや[[コンスタンティン・ストイロフ]]など古参活動家の多くは人民党に参加した。 コンスタンティン・ストイロフは首相を務め、内閣を発足、イヴァン・ヴァゾフは教育大臣に任命される。[[バルカン戦争]]の間、彼は最も有名な詩の一節『私はブルガリア人』 (bulg. „Аз съм българче“)を書いた。ヴァゾフは[[第一次世界大戦]]においてドイツ側に立ってブルガリアが参戦することに反対する団体のリーダーになる。しかし、ヴァゾフは戦争中に『マケドニアの歌』 (ブルガリア語 Песни за Македония)、『彼は死にはしまい』 (ブルガリア語 Не ще загине)、『山脈の歌声』 (ブルガリア語 Какво пее планината)といったブルガリアの兵士を賞賛する詩を書いている。大戦後の1921年9月21日にイヴァン・ヴァゾフは逝去した。
 
== 記念 ==
また[[ベルコヴィツァ]]にもイヴァン・ヴァゾフ邸宅博物館がある。
 
スロバキアの首都ブラチスラバにあるヴァゾフ通り、[[南極大陸]][[サウスシェトランド諸島]]リヴィングストン島にあるヴァゾフ岬、ヴァゾフ岩礁も彼の名をとり命名された。
 
1917年に[[ノーベル文学賞]]ノミネート<ref>{{cite web |url= http://www.nobelprize.org/nomination/archive/show_people.php?id=9573 |title= Nomination Database |accessdate=May 27, 2016 |via= Nobelprize.org}}</ref>。
{{Normdaten}}
 
{{DEFAULTSORT:うあそ いうあん}}
[[Category:ブルガリアの著作家]]
[[Category:1850年生]]
23

回編集