「アルベルト・ブロッホ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
彼の絵は、風景や町の様子、肖像画、サーカスの様子を多く主題としたが、[[キュビスム]]へとスタイルを変えていった。ブロッホは[[1921年]]に合衆国へ戻り、[[1923年]]には[[カンザス大学]]で教授職を得た。1961年、彼はカンザスで亡くなった。
 
また翻訳家としてブロッホは、[[カール・クラウス]]や[[フランツ・ヴェルフェル]]、[[ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ|ゲーテ]]の作品を英訳している。
 
==関連項目==