「バーナード・バルーク」の版間の差分

編集の要約なし
[[File:Bernardbaruch.jpg|200px|right|thumb|バーナード・バルーク(1920年)]]
'''バーナード・バルーク'''(Bernard Mannes Baruch、[[1870年]][[8月19日]] - [[1965年]][[6月20日]])は[[アメリカ合衆国]]の[[官僚]]、[[政治家]]、[[投資家]]。[[サウスカロライナ州]]出身。[[第一次世界大戦]]では[[ウッドロウ・ウィルソン]][[アメリカ合衆国大統領|大統領]]の側近となり、[[:en:War Industries Board|戦時産業局]]長官を務め[[軍産複合体]]の実権を握った<ref>さらには[[パリ講和会議]]代表団[[:en:The Inquiry]]にも参加した。
:Spencer Tucker, Priscilla Mary Roberts ''World War I: A Student Encyclopedia'' ABC-CLIO, 2005 pp.295-296.</ref>。1930年代には、金融界の大物から長老政治家として転身を遂げ、[[フランクリン・ルーズヴェルト]][[大統領顧問 (ホワイトハウス)|大統領の顧問]]となる。[[ハリー・トルーマン]]政権で[[国際連合|国連]]原子力委員会の米国代表に選ばれ、[[バルーク案]]によりアメリカの[[核兵器|核]]独占による世界平和を唱えた。[[冷戦]]という言葉を初めて使った<ref>Gaddis 2005 , p.54</ref>。
 
== 概要 ==
[[ユダヤ人|ユダヤ系]]で[[理学療法]]の先駆者だった南軍軍医総監の[[サイモン・バルーク]]の家庭に生まれる。
''A.A. Housman & Company''(現[[メリルリンチ]])の共同経営者としてキャリアを積んだ。
第一次世界大戦では、ウィルソン大統領の側近として戦時産業局の長官となって[[軍需産業]]を統制する。戦時産業局は[[パリ講和会議]]の代表団と計画して[[ブルッキングス研究所]]を設立した。イギリスとフランスの[[ドイツ国|ドイツ]]への賠償要求には反対し、ウィルソンの[[国際連盟]]構想を支持した<ref>Leab, Daniel et al., ed. "The Great Depression and the New Deal: A Thematic Encyclopedia." ABC-CLIO LLC., 2010, p. 11.</ref>。
 
匿名利用者