メインメニューを開く

差分

=== 明治から戦前、戦中まで ===
[[File:IJA General Staff HQ.jpg|right|300px|thumb|陸地測量部時代の庁舎写真]]
[[Image:État-major japon.jpg|right|300px|thumb|陸地測量部正面写真]]
[[File:Japan Vertical Datum 201001.jpg|right|300px|thumb|[[日本水準原点標庫]]。陸地測量部時代に建設され、国土地理院に引き継がれた後も今なお公的機能を有する建築物。]]
[[1869年]]6月(明治2年5月)に民部官庶務司[[戸籍]][[地図]]掛として設立[http://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?KEYWORD=&LANG=default&BID=F0000000000000000142&ID=M0000000000000826876&TYPE=&NO=]されたのが行政組織としての起源であるが、近代政府としての測量・地図に関する制度的な嚆矢としては、[[明治元年]]12月24日に行政官から府県・諸侯に対し発せされた、管轄地図を凡例等について詳細に指示した上で調製させる旨の沙汰[{{NDLDC|787948/261}}]にまで遡ることができる。戸籍地図掛は翌[[1870年]](明治3年)には[[民部省]]地理司へと拡充、[[1871年]](明治4年)に民部省が廃止されて一時期[[大蔵省]]租税寮へ管轄が移った後、[[内務省 (日本)|内務省]]が設置された[[1873年]](明治6年)の翌年1月には、[[太政官達]]「大蔵省中戸籍、[[土木]]、[[駅逓]]ノ三寮及租税寮中[[地理]]、勧農ノ事務ヲ内務省ニ交割セシム」[{{NDLDC|787954/254}}]により、同省に地理寮が発足した。その後、同年8月に発せられた太政官達「内務省中測量司ヲ廃シ地理寮ヘ量地課ヲ置キ内史所管[[地誌]]課ヲ地理寮ニ併ス」[{{NDLDC|787954/280}}]により、内務省発足に伴い[[工部省]]から引き継いだ測量司(明治4年8月14日設置)及び[[太政官]][[正院]]内史地誌課(明治4年6月8日に設置された太政官政表課を源とする)の業務等を移管統合しつつ、[[1877年]](明治10年)に太政官達第3号「各省中諸寮ヲ廃シ局ヲ設ケシム」[{{NDLDC|787957/111}}]により内務省地理局と改称され、全国大[[三角測量]]と[[地籍調査]]の実施を主要業務とした。
 
1,037

回編集