「田タン」の版間の差分

オクヤマ (会話) による ID:62857757 の版を取り消し
(オクヤマ (会話) による ID:62857757 の版を取り消し)
{{正確性|date=2015年4月|talk=Wikipedia:進行中の荒らし行為/長期/シェーラ}}
{{記事名の制約|田儋}}
'''田 儋'''(でん たん、? - [[紀元前208年]])は、[[秦]]末期の[[田斉|斉]]の[[国王]]。子に[[田市|田巿]]。従弟に[[田栄]]、[[田横]]。『[[史記]]』に列伝として立てられている。
 
== 経歴 ==
狄の出身で、斉王の田氏の後裔。[[紀元前209年]]に[[陳勝・呉広の乱]]が起こって中国全土が騒乱状態になると、秦配下の狄の[[県令]]を殺して自ら斉王となって自立した。さらに[[陳勝]]が斉平定のために派遣していた[[周フツ|周芾]]の軍勢も破って斉を平定した。紀元前208年、秦の将軍・[[章邯]]率いる秦軍が[[魏 (戦国)|魏]]王の[[魏咎]]を攻めた際、魏咎の要請に応じて援軍を率いて出兵したが、章邯に敗れて戦死した<ref>『史記の事典』541頁</ref>。
 
死後、従弟の田栄により子の田巿が斉王に擁された。しかし秦滅亡後に田氏で内紛が起こり、田巿従父田栄に殺された<ref>『史記の事典』538頁</ref>。
 
== 脚注 ==
匿名利用者