「エア・コンディショナー」の版間の差分

* [[エアフィルタ]]の清掃 - 運転時に2週間に一度以上行うことが望ましい。衛生面のみが目的ではなく過負荷運転の防止にもなる。汚損は風量・効率の低下、消費電力の増大をまねき、故障の原因にもなる。近年はエアフィルタの清掃を自動で行う機種もある([[2003年]]に[[富士通ゼネラル]]より初登場)。低価格帯の商品ではついていないことが多い。クリーニング業者に依頼する際は、同箇所のみならず、室内機内のクロスファンの洗浄も同時に行うことが望ましい。
* ドレン配管のつまりの点検 - 冷房シーズン前に行う。つまりがあると室内に水漏れをおこすことがある。暖房運転時には室内機側ドレンに水分は発生しない。
* 凝縮器・蒸発器の洗浄 - 汚染が激しい場合に行う。通電部に洗浄液がかからないような措置を行ってから実施する。一般的に洗浄用液体は水酸化ナトリウムの希釈液と界面活性剤を混ぜものが使用されることから、後洗浄や排[[水処理]]を行わないと腐食の原因となる。
* 室内熱交換器がカビ等で詰まった場合、使用者に夏場、夏風邪のような症状が出る場合があり、そこまで汚れているとかなり手間を掛けた洗浄が必要になる。
* 室内熱交換器のカビ発生を抑えるためには、冷房使用後の送風または暖房運転で、熱交換器内に残った水分を乾燥させることで、かなり防ぐことが出来る。(一部機種では自動でそのような運転をするものもあるが、室内に湿気が戻るので寝室などではおすすめできない)
 
== 電気代 ==
匿名利用者