「論蔵 (パーリ)」の版間の差分

編集の要約なし
(14.193.66.28 (会話) による ID:62768765 の版を取り消し無出典の加筆があったため。)
{{Pathnav|パーリ仏典|frame=1}}
'''論蔵'''({{lang-pi-short|Abhidhamma Pitaka}}, '''アビダンマ・ピタカ''')とは、『[[パーリ仏典]]』の[[三蔵]]({{lang-pi-short|Ti-pitaka}}, ティピタカ)における最後の蔵(pitaka)であり、[[論 (仏教)|論]]({{lang-pi-short|Abhidhamma}}, アビダンマ)に関する文献が収められた領域、蔵(pitaka)のこと([[論蔵]])
 
[[部派仏教]]の時代、各部派ごとに各種の「論」({{lang-pi-short|Abhidhamma}}, [[アビダンマ]]、{{lang-sa-short|Abhidharma}}, [[アビダルマ]])が作られたが<ref>[http://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%83%93%E3%83%80%E3%83%AB%E3%83%9E アビダルマとは] - [[世界大百科事典]]/[[コトバンク]]</ref>、今日まとまった形で現存している部派仏教時代の論(アビダンマ/アビダルマ)は、この南伝[[上座部仏教]]([[分別説部]])のパーリ語テキストと、北伝仏教に伝わる漢訳された[[説一切有部]]の『[[六足論]]』『[[発智論]]』(いわゆる「六足発智」)のみである。
 
==構成==
*『'''[[双論]]'''』(そうろん、{{lang-pi-short|Yamaka}}, '''ヤマカ''')
*『'''[[発趣論]]'''』(ほっしゅろん、{{lang-pi-short|Paṭṭhāna}}, '''パッターナ''')
 
日本の仏教界では、[[南伝仏教]]は[[阿羅漢]]にしかなれない仏教であるとされることが多いが<ref>[[竹村牧男]]著(講談社現代新書) 『覚りと空』 第3章 大乗仏教の出現。</ref>、『双論』の Yamaka は双子のことであり<ref>『パーリ語佛教辞典』 [[雲井昭善]]著 (山喜房仏書林) 「Yamaka」。</ref>、Yama は[[閻魔]]([[閻魔#インドの「ヤマ」|ヤマ]])を指し<ref>『パーリ語佛教辞典』 雲井昭善著 (山喜房仏書林) 「Yama」。</ref>、[[密教]]や[[大乗仏教]]圏で説かれる[[明王]]の[[ヤマーンタカ|降閻魔尊]]と通じるものである。
 
==日本語訳==
匿名利用者