「張邈」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
頭脳の明晰さと徳行で官界において知られるようになった。また[[三公]]の府から招聘を受け、成績優秀という評価を受けた。[[騎都尉]]を務めた後は、董卓の名士優遇策の一環として、[[陳留郡|陳留]][[太守]]に任命された(「董卓伝」)。
 
袁紹を盟主として反董卓連合が結成された時、張邈は曹操らと共に参戦した<ref>「[[ゾウ洪|臧洪]]伝」によると、挙兵後に酸棗で弟や[[孔チュウ|孔伷]]など一部の諸侯と共に会盟をしている。</ref>。
 
張邈は弟や曹操、それに[[劉岱 (東莱)|劉岱]]・[[袁遺]]・[[橋瑁]]・[[鮑信]]と共に酸棗に駐屯したが、大半の諸侯が酒宴ばかりで戦をしようとしなかった<ref>当時董卓に仕えていた[[鄭泰]]によると、張邈は「勉強ばかりして書斎に閉じ籠もり、座敷を覗こうともしない人物」と言われている(鄭渾伝が引く『漢紀』、『後漢書』鄭泰伝)。</ref>。
10,137

回編集