「ジャガー (自動車)」の版間の差分

→‎復活: 修正
(→‎復活: 修正)
=== 復活 ===
[[ファイル:1989.jaguar.xj6.arp.jpg|thumb|200px|right|XJ6(XJ40)]]
1979年、ジャガーの生産台数は5年前の半分以下(14,000台)に落ち込んでいた<ref>『ワールド・カー・ガイド 12 ジャガー』104頁より。</ref>。この年、ジャガーは新たな経営トップとして社外から{{仮リンク|ジョン・イーガン|en|John Egan (industrialist}}を招く。彼は乱れた生産体制や経営の改革に着手し、作業員の意欲向上、ジャガー本体のみならず取引先メーカーから納入されたパーツ類への厳格な品質チェックの実施<ref group="注釈">ジョン・イーガンはジャガーのトップに就く以前には大手部品メーカ[[マッセイ・ファガソン]]パーツ担当重役だった。</ref>、経営側と社員側が品質向上のため直接話し合うという[[日本]]企業並みの[[品質管理]](QC運動)<ref group="注釈">厳格な階級制度が残る当時のイギリスにおいて、この手法はまさに革新的であった。</ref>、販売手法の刷新と顧客からのフィードバック反映、そして経営の[[リストラ]]を推し進めた<ref>『ワールド・カー・ガイド 12 ジャガー』104頁より。</ref>。この改革はすぐに結果となって表れ、ジャガーの品質は改善し生産台数も急回復した。
 
そしてその後の1984年、[[保守党 (イギリス)|保守党]]の[[マーガレット・サッチャー]]首相による民営化政策によって、ジャガーは再び民営化された。同年、ジャガーの立て直しに貢献したイーガンは、創業者のウィリアム・ライオンズ同様に「サー」の称号を授かっている。
35,909

回編集